ヒーローズ FOREVER

特撮ヒーロー番組について独自の想いを語る。

やっぱり『仮面ライダー剣』面白い!第10話 物語浸り涙ポロポロ~

前話はとても切なく心痛かったし、今話もまた……涙ボロボロでした。

しっかりした脇役陣の皆さんと、メインの若手俳優さんたち皆さんもどんどん上達されており、時間を忘れ、どっぷり物語に浸っています。話もよくわかりますし、興味津々です!やっぱり『ブレイド』は面白いです!

 

14年前は、橘さんってスカッとしないなぁ……とあまり好きな役柄ではありませんでした……が、最も人らしい、味ある役ですよね。
当たり前に何故かサラリと強くてカッコイイ役ではありませんが、物語の中心人物だったんですねぇ。

 

f:id:moon-tiara-action:20180911235411j:plain

『仮面ライダー剣』第10話
「操られた戦士」

 

f:id:moon-tiara-action:20180512001234j:plain

橘さんは伊坂の語りかけに目覚める。
「俺が治療した。戦える」(セリフ類は要約)

 

アンデッドが現れ、ギャレンに変身する。
戦いも素早く、強い。
融合指数は標準を越え高い。

アンデッドは分身し、本体は逃げてしまう。

 

<スポンサーリンク>

 

 

(ところで、放送事故!?
映ってはいけない物が映っていました)

f:id:moon-tiara-action:20180514221925j:plain

(この剣崎君と広瀬さんの頭上部分。写真ではイマイチ何だかわかりませんが、家セットの天井がない部分だと思われます)

 

<スポンサーリンク>

 

 

剣崎君と共に虎太郎君の家へやって来て、戦いのデータを広瀬さんに解析の指示を出す。

f:id:moon-tiara-action:20180512001655j:plain

スッカリ以前のように立派な先輩の姿に、剣崎君は純粋に喜んでいた。「一人で戦うのはちょっと心細かったんです」

しかし橘さんは、終始都合の悪いことには答えず生返事だった。

 

剣崎君は (剣道?) 練習をしたり張り切っている様子。

f:id:moon-tiara-action:20180512001908j:plain

(アンデッドと書いた紙を貼り付けてある……)

 

広瀬さんと虎太郎君は、橘さんの様子に不信感を抱いている。

f:id:moon-tiara-action:20180512002032j:plain

 

(息抜きのつもりか、ヘンテコ冗談なシーンチラチラと挟まれていた。意味不明。余計な事。要らない。残念)

 

始さんに助けられたミュージシャンの仁は、またチンピラに絡まれると困るので「ボディーガードしてくれよ。何でも頼みをきくからさぁ」
始さん「本当か?」

 

アンデッドが現れる。

f:id:moon-tiara-action:20180512002448j:plain

ギャレンは住宅街を通り抜け急行する。
ブレイドには「手を出すな! 試したいんだ!」

f:id:moon-tiara-action:20180512002258j:plain

そして無事、封印。軽快な戦いっぷりだった。

 

剣崎君も嬉しそう。戦いを生中継で観ていた広瀬さんと虎太郎君も、一安心していた。

剣崎君「どうやって恐怖心を?」
橘さん「……自然さ。考えるほどの事ではなかった」

 

<スポンサーリンク>

 

 

ハカランダ(天音ちゃんのお母さんのお店) に仁が客として来ていた。「美味しかったので常連になりますよ! 何か困った事はないですか?」

店の外、車の中には始さんが待っていた。

f:id:moon-tiara-action:20180512002742j:plain

仁「二人元気だったよ。どういう関係なんだ?」

始さん、安心する。
「あの二人の大切な人が俺の戦いに巻き込まれて死んだ。

f:id:moon-tiara-action:20180512002835j:plain

俺には分からなかったあの男の気持ちが。生あるものが朽ち果てる時、口惜しさに胸がいっぱいになるだろう。なぜ他人の事を考える?」

仁「そりゃあ考えるさ。娘に会いたい。妻に会いたいってさ」
始さん「俺にはわからないからこの家に来た」

(悲しげなギターのBGMの相乗効果も加わって、涙ボロボロでした。ベタな話かもしれませんが。筆者も大人になりました。自分もきっとそう想うだろうと想像出来るようになりました)

虎太郎君がやって来て見つかるが、車は慌てて去って行く。

 

天音ちゃんは話を聞き、喜ぶ。
お母さん「始さん、元気そうだった?」
虎太郎君「親しくしちゃダメだ! あいつは……」天音ちゃんが懐き、楽しそうに過ごしていた日の事を想い出し……言えない。

 

橘さんは、元気になり、優しく彼女を食事に誘う。
彼女の小夜子さんは、不審に思いつつ……出かける。
ふと、橘さんの髪についた、植物の干からびたような物がついているのを見つける。

 

<スポンサーリンク>

 

 

伊坂は、剣崎君と広瀬さんの前に現れた。

「君と話がしたいと思って来た。もっと強くなりたいと思わないか? お前ならもっと強くなれる。私の治療が正しいことはギャレンで実証済みだ」

剣崎君「!?橘さんに何をっ!?」
伊坂「いいじゃないか。本人が喜んでいるんだ。君は血気盛んだな。痛い目に合わさないと人の話を聞かないようだな」

剣崎君「お前は人じゃない! アンデッドだろ!」
伊坂の正体を現す。

戦う。

広瀬さん、近くで応援!

ピーコックアンデッド(伊坂)は心の声で橘さんに
「キサマの身体はもう溶液がないと耐えられない身体になっている。さあ来い。私の仕事を手伝え」

 

彼女をバイクの後ろに乗せ走っていた橘さんの表情は一変。道の真ん中で止め「降りろっ!!」行ってしまう。

 

彼女は診療所に戻り、あの植物の干からびたような物を見つめる……

 f:id:moon-tiara-action:20180512002657j:plain