ヒーローズ FOREVER

特撮ヒーロー番組について独自の想いを語る。

『仮面ライダー剣』第19話 特撮ヒーロー最高のアクションシーン!

いつも前話の終わり、少し重なって始まるけれど、どういう流れの続きがわからず……戸惑いと驚き。何と!?  まさか?! の18話がありませんでした。ショックの中、仕方なく観た19話。

しかし待ったなしの勢いでどんどん進行する話。
そして筆者が知る特撮ヒーロー番組の中で、最高の名シーンがありました!! 吹き替えもされていると思いますが、上手く繋がっており、瞬きする間もないほど素早く滑らかで華麗なアクション。ドキドキわくわく!!  瞬くしたくなかったです。凄い!! カッコよかったー!! 
凄い高度なアクションをされる方も他にもおられることでしょう。そんなスゴ技シーンは他にもあるでしょうけれど、この『ブレイド』全体は、物語作品として、人物の物語として面白い。そして今話のアクション一連は本当に魅せられました。よかったです!!

最後の方は、また涙もちょちょぎれました。

 

これは ↓ オープニング映像、天野浩成さんの紹介シーンの後、切り替わる瞬間です。

f:id:moon-tiara-action:20180525153952j:plain

『仮面ライダー剣』第18話「暗黒を征す者」

 

<スポンサーリンク>

 

 

アンデッド複数とレンゲル(睦月君)、ブレイド、カリスが戦っていた。

ブレイドの攻撃で睦月君は変身が解ける。転がり落ちた変身バックルを取り桐生さんが変身する。

レンゲル(桐生さん)は、地面に倒れているカリスのハートの顔をこの棒の先でガンガンガンガン、上から突き刺すように突く。「人間の臭いがするぞ。人間に魂を売り腑抜けになったようだな」(エコーがかかっている。スパイダーアンデッドが喋っているということだろう)

f:id:moon-tiara-action:20180525154028j:plain

(珍しい攻撃じゃないかしら? エグイです!……)

 

レンゲルはサッサと去って行く。
一人川辺に立ち、変身を解く。「俺は最強の力を手に入れた。俺が最強のライダーだ」

 

虎太郎君宅では、皆で話し合っていた。
広瀬さん「桐生さんならあのベルトを使いこなせるんじゃないかしら? とても意志の強い人だし」
橘さん「無理だ。もう昔の桐生さんじゃない」
剣崎君「お願いです。説得してもらえませんか!?」

 

遥香さんから電話。始さんが倒れた。
家に行ってみると、始さんはうなされていた。そして飛び起きると、看病していた天音ちゃんに掴みかかり、恐ろしい顔で睨んだ。剣崎君と虎太郎君で抑え込む。

 

橘さんは桐生さんの説得に来ていた。「あのベルトは邪悪です。返してください」
桐生さん「俺と戦え!」
橘さん「あなたの正義はどうなったんですか!?」
桐生さん「正義なんてのは言い訳だ。どうでもよくなった。力が振るいたくなったんだよ!!」
「戦え! ギャレンとなって戦え!」

桐生さんが去った後、 
剣崎君「俺……本当の声が聞こえた気がしたんです。助けてくれって」
(確かに最後の台詞は違った感じだった。人間っぽかった)

 

睦月君は家中を憑りつかれたように変身バックルを探していた。
両親には「俺を暗闇に閉じ込めておきたいから隠しただろ!?」

 

睦月君は虎太郎君宅へ忍び込みギャレンの変身バックルを盗む。

f:id:moon-tiara-action:20180525154118j:plain

(やっぱりこの部屋には外があるようです)

 

<スポンサーリンク>

 

 

橘さんと剣崎君は睦月君を見つけ追いかける。(橘さんの必死感が出ていました!)

f:id:moon-tiara-action:20180525154204j:plain

(バイク2台で追いかけるのは、スピードはなくてもリアルに怖かったです。橘さんの襟足には髪がありません。運転シーンはヘルメットの前の部分が黒い)

 

<スポンサーリンク>

 

 

しかし、睦月君には線路を横切り電車に遮られ逃げられてしまう。

 

睦月君はレンゲル(桐生)の前にやって来た。「レンゲルのベルトを返してくれよぉ…これあげるからさ」
レンゲル「ギャレンのベルトを使えるのはただ一人…」

 

剣崎君登場、変身。
レンゲル「まずはキサマから倒してやる」

f:id:moon-tiara-action:20180525154319j:plain

戦いながら、ブレイドとレンゲルは橘さんに戦うよう呼びかける。

「俺に出来るのか? 今の俺に……」橘さんは想い出していた。

桐生さんがギャレンの変身 (実験か練習) 出来ず、変身の映像に弾き飛ばされ大怪我をした。

f:id:moon-tiara-action:20180525154408j:plain

桐生「俺の代わりに戦ってくれ。お前なら出来る」

「お前なら出来る」
橘さんは決意し、アンデッドの中に飛び込んで行き素手で応戦。変身バックルを掴み取る! 飛び降りながら変身!

f:id:moon-tiara-action:20180525154443j:plain

素早さと力強さ。滑らかさ。圧倒した!!

f:id:moon-tiara-action:20180525154558j:plain

(これは跳び上がって上を飛び越えながら撃っている)

レンゲルは吹っ飛ぶ。

f:id:moon-tiara-action:20180525154634j:plain

決意からのアクション。変身してからのアクション。息つく間もない。瞬きする間もない。したくない緊迫感とスリリング。カッコ良さとワクワク感、活躍の喜び……凄かったです!!!! ご紹介したいけれど、写真じゃ表せません。一連が素晴らしかったです!!

 

<スポンサーリンク>

 

 

ヨロヨロと逃げ去ったレンゲルは変身が解けた。落ちた変身バックルを拾う睦月君。桐生さんから無数のクモの子 (スパイダーエースアンデッドの化身か?) が睦月君に移動する。睦月君が変身。(初のポーズ付き変身。無表情ながら力強くなった)

 

アンデッドが現れ、桐生さんは襲われる。ギャレンとブレイドが来る。
ギャレンが一体を押さえている間にブレイドは三体を封印する。そして一体も封印する。

桐生さん「何てツラしてんだ。情けねぇ……昔からお前に言いたいことがあったんだ」
橘さん「はい」
桐生さん「もっとバカになれ。真面目過ぎるんだよ。つまんねえヤツだな」

「俺は結局お前に勝てなかったんだな。仮面ライダーになりたかったよ。ライダーに……」

f:id:moon-tiara-action:20180525154704j:plain

桐生さんは、地面に倒れたまま手を橘さんの手の上に乗せ息を引き取った。光が射した。

レンゲルは見つめていた。