ヒーローズ FOREVER

特撮ヒーロー番組について独自の想いを語る。

スーツアクターさんが超豪華『仮面ライダー剣』第36話

ジョーカーはカリスのカードを取り戻す。
ギャレンのデータから作られたトライアルEには、ブレイドジャックフォームが太刀打ち出来ず逃げるしかなかった。 家出少女、羽美に振りまわされる続ける剣崎君。それでも守り、撃たれ倒れる。 

f:id:moon-tiara-action:20180626230850j:plain

『仮面ライダー剣』第36話
「最強フォーム」

 

ジョーカーに戻ってしまった始さん。そこへ現れたレンゲルによって、マンティスアンデッドの封印を解かれる。 しかし、パッとしない戦いぶりにレンゲルは「何やってんだよ!!」と加勢する。

f:id:moon-tiara-action:20180626230921j:plain

が、ジョーカーの力は強大だった。レンゲルは変身が解け、マンティスアンデッドをサラリと封印してしまう。そして仮面ライダーカリスに変身する。「まさかお前が持っていたとはな……返してもらったぞ」 

ガクガク震えが止まらない睦月君。 

f:id:moon-tiara-action:20180626231004j:plain

(ジョーカーは本来カリス役の伊藤慎氏が演じられるのですが、ここでは相対している為、ジョーカーは高岩氏がされました。いやぁ……いかにも強そう! 戦いに慣れてる感が溢れていました。マンティスアンデッドは何だか、か弱そうに見えた。でもカードを取り戻し変身して、仮面ライダーカリスとしての姿はシャキッとそれでいて今まで通りでもなくジョーカーからの変身……違いが表わされていました! レンゲル役のベテラン岡元次郎氏は以前にも何度も書いたように自在でらっしゃるし、ギャレン役の押川善文氏も何度も書いてきました~!! 素晴らしい面々揃い超豪華な『ブレイド』 アンデッド役の永徳氏、永瀬尚樹氏、渡辺淳氏も安定安心の存在です!!)

 

 

森の中をしばらく歩いたカリスは、ハートの2、ヒューマンアンデッドのカードで始の姿となる。手を確認。とても安堵した様子。「これで帰れる。あそこへ」

 

<スポンサーリンク>

 

 

トライアルEに襲われ、戦っていたブレイド。ジャックフォームでは歯が立たなかった。変身も解けなすすべもなく、近くにあった消火器で! リアルに煙に巻いて逃げて来た。
(トライアルDの声の方はロボット的だったけれど、トライアルEの声は橘朔也 役 天野浩成さんで、結構感情っぽい)

 

栞さんに電話し、何とか理解を得る事が出来た。羽美ちゃんは怪我をしているので虎太郎君に迎えに来てもらうのを待っていた。

f:id:moon-tiara-action:20180626231046j:plain

羽美が血を吐く「心配しないで」
剣崎「病院へ行こう。背負って行くよ」
羽美「何でそこまですんの?  俺も君と同じなんだ。目の前で両親が……助けられなかった。だから俺が人々を守るって決めたんだ」

 

<スポンサーリンク>

 

 

とぼとぼ歩いている睦月君。何かを感じ、サッと隙間に隠れる。女上級アンデッドだとわかると、出て来る。
女上級アンデッド「ジョーカーから逃げて来たんだろ」(観ていた)
睦月「カードが足りなかっただけだ。キサマを封印して俺の力にする」

女上級アンデッド「今まで封印したアンデッドを解放しろ。バトルファイトは選ばれしものを決める神聖な戦い。ライダーなど元々いなかった。アンデッドを元に戻すべきだ!」

f:id:moon-tiara-action:20180626231117j:plain

(女上級アンデッドは、タイガーアンデッドで、人間態の名は城光。演者は浜崎茜さん。テコンドーがお得意で、アクションのキレが凄い! セリフもパワーがある!)

 

変身して戦う二人。レンゲルはまた押さえられてしまったが、リモートのカードでアンデッドを5体解放し、窮地を脱する。その後アンデッドたちは街へ行ってしまう。

睦月「早く行かないとジョーカーに封印されてしまうぞ」
城光「正々堂々と戦うということを知らないのか!」

 

<スポンサーリンク>

 

 

始さんも、とぼとぼ歩いていた。ハカランダが見え、嬉しそう。天音ちゃんに対していたお兄さんの顔になる。 がしかし、アンデッドが出現し暴れている事を察知し……またジョーカーに戻りそうになる。ハカランダは蜃気楼に揺れていた。

f:id:moon-tiara-action:20180702231044j:plain

始さんは引き返して行った。

 

(お店では天音ちゃんが、始さんが見えた気がした。と飛び出したり……悲しいBGMが流れているし、この辺りは本当にとても悲しかった)

 

途中、剣崎君たちの迎えに向かっていた虎太郎君が通りかかる。

虎太郎「ハカランダに帰るんじゃないのかよ」
始「もう……もう一人の俺をいつまで抑えていられるかわからない」
虎太郎「ジョーカーのこと?」

始「新たな強大な力が生まれようとしている……次に戻った時は、天音ちゃんのこともわからないだろう……」
虎太郎「嘘だろ?!」 

f:id:moon-tiara-action:20180626231227j:plain

 

 

剣崎君は羽美をおんぶして病院に向かっていた。

羽美「アンデッドも人間も自分の種族の為に戦っているわけ? じゃ結局自分の為なんだね。正義じゃないんだ」

剣崎「正義かどうか知らないけど、俺は人間を守る為に戦っている。出来るとか出来ないとかそんな理由で諦めたくない。君ならわかってくれると思った……」

突然降りる羽美。よれっと転ぶ剣崎君。(おんぶで階段上がって来たから疲れたのかな??)  

f:id:moon-tiara-action:20180626231319j:plain

羽美「あ゛ーもうっ! やめてよ! 嘘だよっ!!」さっき吐いたのは血ではなく赤いジュースだった。「ヒーローぶってるアンタを困らせたかった。ヒーローなんていないって笑ってやるつもりだったの! 勝手にどっか行けよ」と走って行ってしまう。

剣崎君はしばらく考えた。「今日一日付き合うって約束だからな」と探しに行くと、羽美ちゃんはトライアルEに捕まっていた。

トライアルE「変身しなければ彼女には何もしない。そこを動くな」
変身はやめたが、でも突き進む剣崎君。
トライアルEは撃つ。「それ以上進むと威嚇では済まない」
それでも進む剣崎君。

羽美「もうやだ! 本当にいいんだってば! どうせ私なんか誰も守ってくれない! ヒーローなんかいない!」
剣崎「いるよ」

羽美「だったらどうしてパパもママもお兄ちゃんも助けてくれなかったの?!」
剣崎君いっぱい撃たれ、血はとび、倒れる。

羽美「ほらヒーローなんか来ない」
剣崎「待ってても来ない……」

トライアルE「捕獲する」
近寄るトライアルEに再び立ち向かう剣崎君。

「だから俺が皆を守るって決めたんだ。例え今は君一人がやっとでも。諦めない。運命に負けたくないんだ!」

けれども飛ばされ階段を転がり落ちる。 

f:id:moon-tiara-action:20180626231345j:plain

トライアルE「止むを得ない。行動を停止させる」バンッ!!
その時、羽美が銃口を押しやり、逸らせる。その隙にブレイドに変身。更にKフォームになりサクッと倒す。

 

<スポンサーリンク>

 

 

戦いの後、剣崎君はまた気を失った。そこへ迎えに来た栞さん。剣崎君は病院で手当てを受け眠っていた。

羽美「私帰ります。またデートしてねって伝えてください」怪我した脚に巻いてくれたバンダナを剣崎君の枕元に置き (洗って返せ!! 失礼な奴だなっ!!) 「ありがとうございました」

「広瀬さん (栞)、ヒーローっていると思いますか?」
栞「ヒーローになろうと頑張ってるヤツなら知ってるよ。あなたもでしょ? 剣崎君を助けてくれた」
羽美は笑顔で帰って行った。

虎太郎君がやって来る。始さんのことを伝え始めると飛び起きる剣崎君。
そしてアンデッドサーチャー反応。5体のアンデッド出現に剣崎君は向かう。

 

途中、始さんに出会う。
剣崎「(ハートのエース) カードは俺が見つけるから」

始「このカードの力ではもう抑えることが出来ない……お前の新たな力は危険だ!!」

f:id:moon-tiara-action:20180626231409j:plain

始さんはジョーカーに戻ってしまう。
剣崎「お前?!……」(前日、強力な力で暴れていた、あのアンデッドだった)
ジョーカーは凄い勢いで跳び去って行った。

 

街では、アンデッドたちが暴れていたが、ジョーカーは凄い勢いで封印していった。

目の前には、始さんを探しに来ていた天音ちゃん。
ブレイド到着。「天音ちゃんのこともわからないのか!?……」