ヒーローズ FOREVER

特撮ヒーロー番組について独自の想いを語る。

早くも腹が腹立ってきた!第4話は学芸会みたい『仮面ライダー剣』

観ながらムカムカしていて、終えた時の感想は、
よくもこんなにしたな!! 腹が立ちそして悲しかった……

 

オープニング映像、メインキャストの皆さんは、特技を披露されるのですが、森本亮治さんは、サッカーのボールさばきを披露されています。
後ろに映っているのは竹財輝之助さん。 

 

f:id:moon-tiara-action:20180911233128j:plain

『仮面ライダー剣』第4話
「永遠の命の謎」

 

<スポンサーリンク>

 

 

(珍しい光景。現実的な座り位置)

f:id:moon-tiara-action:20180430173332j:plain

橘さんとのやり取りで聞いた話を伝えている。

 

(セリフも演じ方もマズイです……昔の小学校の学芸会みたい。
もう全部が酷過ぎて書き出す気持ちの欠片も起こりません)

 

虎太郎君のお姉さん宅では、前話の終わりに始めさんの部屋で写真たてが燃えたり、銀の粉のようなものが降っていた。(粉は残っていない)

f:id:moon-tiara-action:20180430173402j:plain

初めは、虎太郎君が「溶けたのかな」とこわごわ指先で触っていると、
剣崎君「どいてろ」手でペタペタ触って「溶けてる」 (な~んと簡単な)

 

始 「俺が何とかします」
剣崎「何とかします。って、何かあてはあるのかよ!?」
始 「いや」
剣崎「だったら安請け合いするなよな! 気っ! 休めにもならないっ!!」
その後も言い争いは続く。

f:id:moon-tiara-action:20180430173429j:plain

 

 一方、広瀬栞さんは、封印を解いたのは、烏丸所長たちだと聞き、ショックの中、街を彷徨っていた。

栞さんは、世界平和への希望を胸にBOARDへ入所した。父親も研究員だった。ふと思い出し、アンデッドの攻撃で壊滅した研究所より以前使用していた建物に行ってみた。そこで橘さんに見つかる。所長はそこにいた。

「返しなさいよっ!!」詰め寄る栞さん。
(仮面ライダーギャレンを相手に凄まじい。気のお強いこと……)

所長は、生命維持装置(ショボイ)をつけて辛うじて生きている意識がない状態だった。身体の具合が悪い様子の橘さんに、栞さんは「具合が悪いのは本当だったの?」と一瞬心配する。(本当に嘘だと思っていたんだね……)そしてすぐ「いいえ、そんな事より、あなたが封印を解いてBOARDを襲わせ、所長を誘拐したんでしょっ!!」と責め立てる。

橘「封印を解いたのは、所長と研究所員たちだ!」
ショックを受ける広瀬さん。(剣崎君から聞いたよね)

橘さんは、この部屋のカギをくれる。(可愛そうになったのかな?)
  

<スポンサーリンク>

 

 

橘さんは、女医さん(同級生と思しき彼女?)の診療所に「気が休まる」と度々訪れている様子。「ピースは飲み込んだ。怖くて……完成されたら終わりのような気がして」

f:id:moon-tiara-action:20180430173920j:plain

(へ~んなのっ。理解不能。それだけ不安でたまらんっていう表現ですか??)

 

剣崎君は「ボロボロになる」と言われて、心配していた。でも「それもカッコイイかも!と」と、気を取り直そうとしていた。

虎太郎「心配するさ。僕は信じないよ。そんな事!」

剣崎 「嬉っしいねー!! こんな俺でも心配してくれている奴がいる!」(めっちゃめっちゃ嬉しそう!)「俺不器用でさ、あんまり友達作って来れなかった」

虎太郎「君は友達だから」
剣崎 「サンキュー!!!」握手。

 

アンデッド出現を感知し、飛び出そうとする剣崎君に
「行かないでっ!! 君に関係ない人間が封印を解いたの。君が犠牲になる事はない。自分を大切にして!」広瀬さん。

剣崎「心配してくれるのか?!」
栞さん、頷く。
剣崎「二人目だ。友達。サンキュー!!」

勇気みなぎって飛び出して行く剣崎君。まだ引きとめようとする広瀬さんを引きとめ、優しい顔で無言で首を横に振る虎太郎君。(……)

 

始さんは、何とかしようと野生の感を巡らせアンデッドを探しまわっているところへ襲われ、戦っていた。
剣崎君も到着。変身し、勢いよく突っ込んで行く!
(闘志みなぎっているんだろうけど、助けに行くとか、加勢するというより、割り込みって感じ)

カリス「戦え」
ブレイドはガンガン戦う。が……

f:id:moon-tiara-action:20180430174041j:plain

 

f:id:moon-tiara-action:20180430174018j:plain

(このハートの中ではこう見えているらしい。虫っぽいね。なかなか面白い案ですね)

f:id:moon-tiara-action:20180430173943j:plain

(見にくいんですけど……)

弱点(急所?)を見つけ必殺攻撃。さらりと封印。

 

ブレイド「俺をおとりに使ったのかっ!?」怒って、戦う。

 

<スポンサーリンク>

 

 

栞さんは所長を運び出そうと、虎太郎君を連れてやって来た。(生命維持装置をつけて辛うじて生きている状態とのことなのに、ストレッチャーさえもなく、か細くヒョロイ虎太郎君と二人で手ぶら)

f:id:moon-tiara-action:20180430174104j:plain

このカギ。昔ながらの漫画のような、マークのようなカギ。
ガッチャンッ!
ドアを開ける。ギギー! ガチャンッ!!

(物凄い重厚で大袈裟な効果音。このヘボイ古風なカギにこのドアノブ、薄い扉なのに)

 

中へ入ると所長が燃えていた。

f:id:moon-tiara-action:20180430174138j:plain

栞 「所長! 所長!! 所長!!!」
叫びまくる。

 

<スポンサーリンク>

 

 

筆者の感想

益々酷くなっている!

セリフ。物語。展開。人物像……

ヒドイ! 酷過ぎるっ!!!

泣きたい…。

うまいヘタとかの以前の問題だからねっ!

完全、制作陣が悪いでしょ。

後半良くなるんですが。

演者が頑張られたんですよ。演者の魅力だと思いますよ。