ヒーローズ FOREVER

特撮ヒーロー番組について独自の想いを語る。

上城睦月いつしか成長 北条隆博さん好演『仮面ライダー剣』第48話

遂に全てのアンデッド52体を封印した。しかしその代償に仮面ライダーギャレン橘朔也を失った。橘が命をかけて守り抜いたジョーカー相川始も姿を消す。出現したダークローチは倒しても新たに出現し、いつ終わるかも知らない戦いを続けるしかなかった。 

 

f:id:moon-tiara-action:20180718163755j:plain

『仮面ライダー剣』第48話
「滅びへの序章」

 

f:id:moon-tiara-action:20180814145352j:plain

望美「もう戦いは終わりって言ってなかった?」
睦月「黒いヤツは無数にいる。人の集まる所を襲う。学校に行くのもダメだ」
ケータイ鳴る。

望美「行かないで!」(思わず言ってしまう)
睦月「倒しても倒してもどこからか現れる。俺たちが戦わなくちゃいけないんだ!」

 

<スポンサーリンク>

 

 

剣崎君と睦月君は、日夜 黒いヤツの退治に奔走していた。
(ダークローチは弱く、アンデッドではないで消え去ってしまうが、新たに無限に出現する)
心身共に限界へと近付いていた。

虎太郎君宅リビング
睦月「早く手を打たないと…」
剣崎「黒いヤツを見つけ次第倒す。それしか手はないだろう」
睦月「剣崎さんだってわかってるはずです。あいつらが発生している原因はジョーカー 相川始だと」

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

一週間前の回想

f:id:moon-tiara-action:20180814172803j:plain

虎太郎君宅リビング
剣崎 「橘さんが始を守った。始は無事だ。絶対に」
虎太郎「でもどうして姿を消す必要があるんだろ?」
剣崎 「何の心配もいらないさ。現に52体全てアンデッドが封印されたのに何にも起こっていない。ジョーカーが残ったら全てが滅ぶなんてのは…」

アンデッドサーチャー起動!!
カテゴリー不明。アンデッドか?? 次々と発生!!

 

<スポンサーリンク>

 

 

虎太郎君宅リビング
剣崎「ジョーカーが最後に残った時 世界は滅びる…」
睦月「それってあの黒いヤツが現れるって事だったんですね」
栞 「世界中に溢れたら人間の世界が終わる。これがジョーカーの役割…」
剣崎「まだそうと決まったわけじゃない。始は人間を滅ぼす事など望んじゃいなかった」
栞 「気持ちはわかるけど…」 

 

 

天音ちゃん親子は虎太郎君宅の屋根裏部屋 (剣崎君が使っていた部屋)に滞在していた。

天音ちゃんは、帰って来なくなった始さんを心配し、ハカランダの始さんの部屋に様子を見に行く。
ちょうどその時、店の外にダークローチ出現!!天音ちゃんは静かに息を秘め隠れていた。誰もいないと思い去って行くダークローチ。

ジョーカーも店の傍に来ていた。ダークローチはジョーカーを慕うように取り囲みついて行く。

ジョーカー「あの家には近づくな!!俺はお前らの親でもなんでもない。お前らを生み出したのは俺のじゃない!!」バシーン!と1体を叩き飛ばす。
カリスに変身し、他のダークローチをしばき蹴散らす。

カリス  「あの家にだけは誰も近付けない!! ウォ゛ー」
が、しかしジョーカーに戻っしまう「 やはりダメなのか…ウ゛~」

自らの刃で胸を刺す。

f:id:moon-tiara-action:20180814145606j:plain

 

ハカランダ
剣崎君、睦月君、虎太郎君が探しに来た。 
天音「黒いヤツが来たけど 連れてかれちゃった。別の怪物に」
剣崎君と睦月君が飛び出して行く。

 

<スポンサーリンク> 

 


ジョーカー「フッ…フフフフ…アンデッドが死ねるものか…」

f:id:moon-tiara-action:20180814145638j:plain

剣崎君と睦月君が到着。
剣崎「始、またその姿に…」
睦月「ジョーカー」

ジョーカーの足元からダークローチが出現!!

睦月「それはなんだ!? お前が生み出してるのかっ!!」

ジョーカー「ジョーカーが勝ち残った時ダークローチは生まれる。全ての命を滅ぼす為に」

剣崎「始、嘘だろ?」
睦月「俺はやります!」
レンゲルに変身し跳びかかって行く。

剣崎「まだ手はある!リモートだ!!アンデッドが他にもいれば ジョーカーが勝ち残った事にはならない!世界が滅びることもないはずだ!!」

レンゲルはクラブのKを解放しようとした。
が されない……

ジョーカー「無駄だ。52体が封印された事でバトルファイトは決した。もう彼らを解放する事は出来ない」

剣崎「どうすればいいだ?!始?!」
睦月「答えは一つです。ジョーカーを封印する事!」

しばらく戦いを見つめる剣崎君。
「俺がやる! 俺の責任だ!」ダークローチを蹴散らし、レンゲルを押し避けジョーカーに向かって行く。
しかし剣を振り下ろす事は出来なかった。
変身を解くブレイド…

ジョーカーは手を差し出したかのように見えたが、剣崎君を凶器のような指先で切り付け去って行った。

f:id:moon-tiara-action:20180814145749j:plain

レンゲルは後を追う。

剣崎君は「そうか…」とつぶやく。
頬からは赤い血が流れていた。

  

f:id:moon-tiara-action:20180814145842j:plain

始    「なぜ来た?」
レンゲル 「あなたはもう相川始じゃない。完全にジョーカーに戻ってしまったんだ」

始    「はははははは…だったらどうする?」何とも不気味な笑み。

レンゲル 「あなたを封印する」
始    「お前には無理だ」
レンゲル 「アンデッドを封印する。それが仮面ライダーだ!」

始    「一旦 戦いを始めれば俺はお前を倒すしかない。俺の身体は意思とは関係なく動く」

レンゲル 「剣崎さんに代わって俺が戦う!!」

レンゲル突撃!!
ダークローチ現れる。

レンゲル 「コイツらは全ての人類を滅ぼす。あんたが守ろうとしていたあの親子も。それでもいいのかっ!?」

ジョーカー「俺には止められないっ!!ウオー」

変身は解け、睦月君は倒れる。

f:id:moon-tiara-action:20180814145936j:plain

 

剣崎君かけつける。
剣崎「始か?」
睦月「アイツは完全にジョーカーです。すみません…もうあなたしかいません。アイツを倒せるのは……」

 

 

f:id:moon-tiara-action:20180814150009j:plain
モノリスからはダークローチが出現する。

始「来い、剣崎。俺を封印するのはお前だ」

 

 

その他の要点

警官役に劇場版の仮面ライダーグレイブ/志村純一役の黒田勇樹さん(友情出演) 

スーツアクターさんの欄に竹内康博さんのお名前があります。
ダークローチ役でしょうか?

剣崎君は、BOARDのジャンパーを着ている。何故今更??

天音ちゃんは、ここ数話、茶髪になっていましたが、黒に戻っていました。

今話は、前話から1週間後から始まっていました。そして途中、虎太郎君の執筆している原稿から1週間前を振り返るようなナレーションと、若干のエコーがかかっているお芝居シーンが挟まっていました。演劇にはそういう手法も用いられる事がありますが、分かり辛かったです。

不思議箇所は、相変わらずあるのですが、お話ももう終わりに近づき最近はスルーしてきました。いよいよ次は最終回です……