ヒーローズ FOREVER

特撮ヒーロー番組について独自の想いを語る。

各キャラクター 描かれている物語『動物戦隊ジュウオウジャー』前編

スーパー戦隊40作目の記念作品。『百獣戦隊ガオレンジャー』以来の動物モチーフ。 

動物がモチーフの作品ではレッドがネコ科の動物であったため、鳥となった。初期メンバーではレッドのみ地球人で、他の4人は異世界人の姿のジュウマン態はスーツアクターが務める。カラーは、ブルー・イエロー・グリーン・ホワイトで初の組み合わせ。

女性が青になるのは『魔法戦隊マジレンジャー』以来11年ぶり。

戦闘スーツの胸には、動物が描かれている。全体のカラーもプリントされている。

マスクは、従来の動物モチーフ作品よりも抽象的なデザインとなった。

ロボットは、キューブ型で初の試み。オモチャとして変形しやすく遊びやすいさして採用された。

撮影ではドローンが空戦に使用された。

第1話放送日には全国に玩具店でジュウオウイーグルのフィギュアが無料プレゼントキャンペーンが行われた。

40作目ではあるものの「作品としては特別なことをしない」というコンセプトで製作された。

 

2016年 2月24日~5月8日

テレビ朝日系列放送

『動物戦隊ジュウオウジャー』

 1話~13話

 

 

[目次]

 <スポンサーリンク> 

 

主な製作陣

脚本
香村純子、荒川稔久、田中仁

 

アクション監督
福沢博文

 

特撮監督
佛田洋

 

監督
柴崎貴行、加藤弘之、中澤祥次郎、竹本昇

 

 

音楽

オープニングテーマ
「動物戦隊ジュウオウジャー」

作詞         藤林聖子

作曲・歌       高取ヒデアキ(Project.R)

編曲         籠島裕昌

演奏         Z旗

コーラス       ヤングフレッシュ
           特別参加  堀江美都子

 

エンディングテーマ
「レッツジュウオウダンス」

作詞         藤林聖子

作曲・編曲      谷本貴義

歌          大西洋平

コーラス       ヤングフレッシュ

音楽プロデュース   Project.R

振付         パパイヤ鈴木 

 <スポンサーリンク> 

 

キャスト

風切大和/ジュウオウイーグル(声)/ジュウオウゴリラ(声)
中尾暢樹

 

セラ(人間態・ジュウマン態の声)/ジュウオウシャーク(声)
柳美稀

 

レオ(人間態・ジュウマン態の声)/ジュウオウライオン(声)
南羽翔平

 

タスク(人間態・ジュウマン態の声)/ジュウオウエレファント(声)
渡邉剣

 

アム(人間態・ジュウマン態の声)/ジュウオウタイガー(声)
立石晴香

 

パド(人間態・ジュウマン態の声)/ジュウオウバード(声)
村上幸平

 

幼い大和
阿由葉朱凌

 

森真理夫
寺島進

 

  

声の出演

ナレーション、各種アイテム音声
チョー 

 

ラリー
石塚運昇

 

ジニス
井上和彦

 

アザルド
中田譲治

 

クバル
岩田光央

 

ジャグド
竹本英史

 

ナリア
寿美菜子

  

 

主なゲスト

第3話
カップルの男
町井祥真

 

 

第7話
天空寺タケル/仮面ライダーゴースト(声)
西銘駿

 

ユルセン(声)
悠木碧

 

 

第10話
ユリナ
安生悠璃菜

 

 

第12話
大岩源九郎
堀内正美

 

会社員
にわつとむ

 

 

第13話
五十嵐小百合
井上小百合(乃木坂46)

<スポンサーリンク>   

 

スーツアクター

ジュウオウイーグル/ジュウオウゴリラ/パド(ジューマン態・初期)
浅井宏輔

 

セラ (ジューマン態)/ジュウオウシャーク
五味涼子

 

レオ(ジューマン態)/ジュウオウライオン
竹内康博

 

タスク(ジューマン態)/ジュウオウエレファント
中田裕士

 

アム(ジューマン態)/ジュウオウライオン
下園愛弓

 

パド(ジューマン態)、ギフト、ノボリゾン
今井靖彦

 

ジュウオウキング、ラリー
日下秀昭

 

ジニス
神尾直子

 

ナリア
蜂須賀祐一

 

クバル
清家利一

 

アザルド
岡元次郎

 

ジャグド
佐藤太輔

 

シオマネキング
村岡弘之

 

セラの父
杉原輝昭

 <スポンサーリンク> 

 

ストーリー

動物学者の風切大和は「お守り」としてキューブ型の物体を持っていた。森で仕事中キューブを落とし、拾いに行くと巨大キューブの物体があった。そのくぼみに「お守り」のキューブを差し込んでみたら開き、吸い込まれる。二足歩行で服を着た動物の身体をした生命体の住む世界・ジューランドだった。

そこでセラ、レオ、タスク、アムと出会う。人間界とジューランドを繋ぐ鍵のリンクキューブ。それは以前盗まれたものだった。大和は犯人として疑われる。

大和は人間界に戻るもセラたちは追ってやってくる。

人間界では、宇宙の無法者集団デスガリアンによる破壊が開始されていた。セラたちはジュウオウジャーに変身し戦うも次第に劣勢に。

大和も、森や人々、地球を守りたいとの強い思いからジュウオウイーグルに変身出来てしまい、撃破する。

しかしリンクキューブを破壊されてしまったためセラたちはジューランドに戻れなくなってしまった。

王者の資格の一つも何者かに奪われてしまった。

大和はジューマン4人を連れ、居候している叔父、真理夫に家で共同生活が始まる。 

 

筆者の感想

第4話 リングに吼えろ

聴覚に優れているセラ/ジュウオウシャークは、真面目で頑張っている女性。
レオ/ジュウオウライオンは、声が大きく、自由でのんきで男を主張する。

ジューランドにいた時から、セラは気に食わない思いを持っていた。

f:id:moon-tiara-action:20200103095022j:plain

『動物戦隊ジュウオウジャー』「第4話 リングに吼えろ」

たぶん ここは 戦いの聖地 後楽園ホールですね。
筆者 一人で大ウケ。

 

 

第6話 ワイルドなプレゼント

ジューマンのラリーさんと出会った。

仲良くなろうとする大和。しかし相手にされない。ついに水をぶっかけられる。

のだが…

 

…マジで容赦ない。
イケメン若手俳優の主演者に、強烈。

f:id:moon-tiara-action:20200103095628j:plain

『動物戦隊ジュウオウジャー』「第6話 ワイルドなプレゼント」

これは、スゴイ。びっくりしました。気の毒になりました…。

<スポンサーリンク>  

 

第7話 ゴゴゴゴーストが出た

同時期に放送していた『仮面ライダーゴースト』より、主役の天空寺タケル(演・西銘駿さん)と仮面ライダーゴースト(演・高岩成二 氏)、ユルセン(声・悠木碧さん)が客演。

 

突然登場。海辺に立っていたタケル。戦いのシーンで少しだけ共闘する。

 

f:id:moon-tiara-action:20200103100251j:plain

『動物戦隊ジュウオウジャー』「第7話 ゴゴゴゴーストが出た」

この後、仮面ライダーゴーストもシャークのマネをする。

 

ジュウオウジャーのこの決めポーズは、このように全員揃わない日もあり、メンバーの顔触れによって立ち位置やポーズの向きや形が若干変わる。
筆者は、その辺も楽しいです。

場所も。特に上記のリングだったり、町中の小さな公園だったりするのもオモシロイです。

 

特別回ということで、どちらの番組の怪人でもなく、ショッカーのシオマネキング(演・村岡弘之さん)が登場。
最後の巨大化もする。

『ジュウオウジャー』の怪人には、コインの挿入口があり、ナリアが現れてコインを入れる。シオマネキングには ないんだけどぉ…と思っていたら、口に入れました。

なーるほど。

って…いいんかよ…とも思いましたが。ま、いいってことで。

f:id:moon-tiara-action:20200103120053j:plain

『動物戦隊ジュウオウジャー』第7話 シオマネキングのコンティニュー

入れやすいってことで、シオマネキングが選ばれたのかな??
でもアップ過ぎて、どこに入れているのか分かりにくかったです。

 

「スーパー戦隊」も「仮面ライダー」でも、時々思うんですが、アップ過ぎてわかりにくいんですよね。

作っている側はすっかりそのつもりなんでしょう。 怪人だったり、ヒーロー戦士のアーマーだったり、武器だったりを熟知しているでしょうから、どアップや一部分だけが拡大されていても何かわかるでしょうが、一般視聴者はパッと見た瞬間には なかなかわからないんですよねぇ。

 

 

第13話  山頂の目撃者

ゲストは乃木坂46の井上小百合さん。

この回は、いいセリフがいくつもありました。

でも、演出は結構エグイというか…ハードでした。気の毒なほど。

無茶振り続出。その分、オモシロイっちゃあ 面白かった。

f:id:moon-tiara-action:20200103121012j:plain

『動物戦隊ジュウオウジャー』「第13話 山頂の目撃者」

セラちゃんとタスク君が泥タライに顔を突っ込む。アムちゃんは、そうと見せかけて無事。

特に美人女優さんのセラ役 柳美稀さんは可哀そう。

 

その後は、この二人がまた罠にかかって網に入れられてユーラユラ ブーラブラ。 

しかもタスク役の渡邉剣さん。網には逆さ向きに入れられていて、下の網目から頭が出ている…。前記の泥のついたお顔で…。

 

その後は変身し、ジュウオウエレファントのスーツアクター中田裕士さんが片足逆さ吊りでブラブラ ユーラユラと…。

その他にもアクションがいつもよりもハードに思いました。 

 

 

『ジュウオウジャー』を観た初めは、戦士の変身前にジューマンの被り物をしているのが、どうも引けて……苦手でした。

物語としては、シンプルな作品かなと思います。
でも、大和がレッドキャラとしては冷静な人であるのは、わりと珍しい。
他のヒーローキャラクターも丁寧に描かれていると思います。