ヒーローズ FOREVER

特撮ヒーロー番組について独自の想いを語る。

平成初期テイスト?ウィザード編 『仮面ライダージオウ』#8

ツクヨミは前話でアナザーウィザードの魔法の攻撃により、意識不明となっていた。ゲイツは2012年でアナザーウィザードを倒すことを急ぐ。しかしソウゴはそれは根本的な解決にならないと主張。ウォズから情報を得、作戦を立てる。3人の連携とは……

 

2018年10月21日 9時~
テレビ朝日系列 放送

『仮面ライダージオウ』EP08
「ビューティ&ビースト2012」

[レジェンドゲスト]

『仮面ライダーウィザード』
仁藤功介/仮面ライダービースト 永瀬 匡 

 

[目次]

 

レジェンドライダー


仁藤功介も求めていた。前話でゲイツがアナザーウィザードと戦っているところを探っていた。今話も逆にゲイツをつけているかの様子。

ゲイツは居場所を探し当てた。
仁藤功介は、ライダーウォッチを何故持っているのかわからない。記憶がない。ゲイツの事を勝手に “ ツンツン ” と呼び、わかるまで渡さないと言う。

  


スルメにマヨネーズ…。
豪快なかけっぷり。
下のコンロが汚れるじゃないか。
気になる…。

 


複雑な変身だな…。気合入っていました。
f:id:moon-tiara-action:20181022145022j:plain

ゲイツも変身。
もちろん、ちゃん互いの変身タイムを待っている。紳士的~

戦う。が、
ビースト「ストップッ!」
f:id:moon-tiara-action:20181022145159j:plain

ビースト「本当にお前にライドウォッチを渡すべきか試させてもらってだけさ。この2つは過去にお前に渡されたんだったな」
ホイッと一つを投げ渡した。

ゲイツ「もう一つは?」
仁藤 「あー、みなまで言うな。
俺たち魔法使いの力はお前に託したぞ。頑張れよ、ツンツン。じゃあな」とテントに入ってしまう。(すごいマイペース)

それにしても、ココは神社の敷地の設定。テント張って洗濯物干して…。許可もらったのかしら…。『ルパパト』では、3人とも、一応キャンプ場で張ってたけどなぁ。

 

<スポンサーリンク>

 

 

王様になる人


ソウゴ「ウォズってさ、俺の協力者って言ってたよね」

ウォズ「ああ」
ソウゴ「じゃあ、俺の好きにさせて」
さっさと行ってしまう。 

 


クジゴジ堂 店内
ソウゴとゲイツは、オリジナルライダーは記憶を無くしている ことについて話している。
ソウゴは、徐にウォズの名を呼ぶ。
店の時計は勝手に動き出し、2階から土足で登場するウォズ。
「やれやれ私も便利に使われるようになってしまったな」

ゲイツ「お前、ウォズの協力を受けるつもりか?」

ソウゴ「ここに来るまで二人に何があったのかは知らない。でも、
個人的な問題などどうでもいいっ。って言ってたのゲイツでしょ?

(ウォズに尋ねる)
ライドウォッチの持ち主にどうして記憶がないの?どうしていつも一瞬だけ彼らの記憶が蘇るのかな?」

ウォズ「私が教えると思うかい?」
ソウゴ「うん。だってウォズは俺の協力者のハズだし。
ライドウォッチを手に入れたいのは、ゲイツもウォズも一緒でしょ?」

ウォズ「ハハハッ! 仕方ない。我がマオウの仰せの通りにしよう。

タイムジャッカーがアナザーライダーを生み出すことで歴史が変わり、オリジナルのライダーがライダーではなくなる。だから記憶がない。彼らたちの記憶を戻す方法はただ一つ。アナザーライダーの存在させなくなるすることだ。そうすれば少しの間、歴史が元に戻る。一瞬だけどね」

ソウゴ「そういうことか!
二人共聞いて!俺に考えがある」

 

<スポンサーリンク>

 

 


アナザーウィザードが、長山さんの病室を訪れていた木ノ下さん(お嬢さん)を襲いに現れた。

ソウゴは、長山さんと入れ替わって布団の中に隠れていた。パッと布団をめくりキック!
変身!

f:id:moon-tiara-action:20181022145104j:plain

この新しくない感じの病院。
またしても狭い所での変身。超違和感。

分け隔てなく、民の元へって感じ?

 

<スポンサーリンク>

 

 


海辺へ場所を替え、ジオウとアナザーライダーが戦う中、
ウォズ「やあ、我がマオウ。ゲイツくんもライドウォッチを手に入れたようだ。私たちも2012年へ赴こう」
ソウゴ「いや、俺は残るよ」
ウォズ「は??これ以上ここにいても意味はない」
ソウゴ「意味はある」


2012年 同じ日
ウールが早瀬をアナザーウィザードにした。
f:id:moon-tiara-action:20181022145313j:plain

また同じ事が起きていた。
早瀬「お嬢さんの為に俺がこの小屋を立て直す!」

 

屋上
アナザーウィザードは魔法の力を手にした。
「この力さえあれば…」

ゲイツが到着。

 

2018年では、ジオウと戦いながら、
アナザーウィザード
「この力さえあれば、全部うまくいくハズだったのにー!」

ジオウ「そうかな?ライダーの力は何かうまくいかせる為のものじゃない!誰かのことを守る為の力だ!」

アナザーウィザード
「だから俺はお嬢さんの為に!」

ジオウ「でも、いつしか自分の思いを実らせたくなった。
あんたあの人のこと好きなんだろ?」

アナザーウィザード
「うるさーいっ!」

ジオウ「目、覚ませよ!守りたかった人襲ってさ。
あんたに必要なのは魔法の力なんかじゃないっ!思いを伝える勇気だろ?!」

早瀬に戻るも「あ゛ー!」直ぐにまたアナザーウィザードになってしまった。

ジオウとゲイツは、それぞれの時代でアナザーウィザードを倒した。

 

ソウゴ「ウォズ、あの電話持ってるの?」

借りてゲイツにかけ、早瀬さん同士が会話する。
(そういうことってアリなのかな?)

f:id:moon-tiara-action:20181022145246j:plain 

(アリとして)
現在から、過去の早瀬さんに「お嬢さんに思いを伝えろ。
きっと結果は変わらない。でもお前の未来は必ず変わるから!」
(結果という言い方はどうかと思うけど、
気持ち、言いたい事はよくわかるし、泣けました)

ウォズの表情に変化。

ゲイツも今回のソウゴの作戦、考え方に感ずるものがあった様子。

 


クジゴジ堂
ゲイツが帰って来た。
ツクヨミ「助けてくれたの?ありがとう」
ゲイツ 「いや…俺は導かれたままに動いだだけだ」

ツクヨミ「え?じゃソウゴ?」
ゲイツ 「奴だけじゃない。ウォズもだ」
ツクヨミ「何それ」
ゲイツ 「俺たちは計り知れない奴を相手にしてるのかもな…」 

 

<スポンサーリンク>

 

 

大叔父さん

目覚めぬツクヨミが目覚め、

「おはよう。もう夕方だけどね。
眠り姫のように眠っていたよ。
その話みたいに50年も100年も先が見られたら楽しそうだね。
未来はどうなるんだろうね~」

のん気~

 

 

筆者の感想 

『仮面ライダーウィザード』は平成初期の要素を入れられていたそうですね。だからでしょうか・先週今週は渋かったですね。筆者的には面白かったです。ゲストの方々もよかったですね。

ソウゴ役の奥野 壮さんもは益々慣れて、ソウゴもどんどんイキイキと勢力拡大ってかんじですね。