ヒーローズ FOREVER

特撮ヒーロー番組について独自の想いを語る。

『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』

決戦に向かうキュウレンジャー。いかにもカッコイイ感じだが…。全身で○○レンジャーの姿だと思う。ピコピコピーと不思議な力で変身するんですよ。戦闘服に着替えたんではない。マスクは単なるヘルメットではない。と筆者は認識しているので、こんな風に持ってほしくないんですよね。

f:id:moon-tiara-action:20200413174401j:plain

『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』

出典:宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲 より

 

「スーパー戦隊」では近年、恒例と化している。
素面俳優さんがスーツを着てマスク被らず、顔を出している場面が最終回辺りにある。

嬉しい気持ちも少しはあるんだけど、やっぱり好きではない。
スーツ姿は、スーツアクターさんのもの。と思っていますので。

『キュウレンジャー』では、特に獣人型やアンドロイドのキャラクターたちは、更に違和感を感じる。元の頭はそのままマスクに収まらないんですし。

  

 

『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』

2017年 8月 5日 公開 約34分上映

 

 

主な制作陣

脚本

下山健人

 

アクション監督

福沢博文

 

特撮監督

佛田洋

 

監督

柴崎貴行

 

 

キャスト

ラッキー/シシレッド(声)

岐洲 匠

  

スティンガー/サソリオレンジ(声)

岸 洋佑

 

ナーガ・レイ/ヘビツカイシルバー(声)

山崎大輝

 

ハミィ/カメレオングリーン(声)

大久保桜子

 

スパーダ/カジキイエロー(声)  

榊原徹士

 

佐久間小太郎/コグマスカイブルー(声)

田口翔大

 

鳳ツルギ/ホウオウソルジャー(声)

南圭介

 

ホイ・コウロー/ゲース・インダベー(声)

田村亮(ロンドンブーツ1号2号)

 

ホシ★ミナト

松本寛也

 

 

 

声の出演

ガル/オオカミブルー

中井和哉

 

バランス/テンビンゴールド

小野友樹

 

チャンプ/オウシブラック

大塚明夫

 

ラプター283/ワシピンク

M・A・O

 

ショウ・ロンポー/リュウコマンダー

神谷浩史

 

オーモ・インダベー

レイザーラモンHG(レイザーラモン)

 

カール・インダベー

レイザーラモンRG(レイザーラモン)

 

アナウンス

堀川仁

  

ナレーション、セイザブラスター音声

木村昴 

 

 

 

スーツアクター

シシレッド/レフェリー(インダベー)

高田将司

 

ガル/オオカミブルー

竹内康博

 

バランス/テンビンゴールド

大林勝

 

チャンプ/オウシブラック

岡元次郎

 

ラプター283/ワシピンク

五味涼子

 

カジキイエロー

草野伸介

 

ホウオウソルジャー/リュウテイオー

藤田洋平

 

サソリオレンジ

伊藤茂騎

 

ゲース・インダベー

清家利一

 

ククルーガ

蔦宗正人

 

その他 

今井靖彦、矢部敬三、下園愛弓、日下秀昭、

村岡弘之、蜂須賀祐一、

大藤直樹、おぐらとしひろ、高橋光、野川瑞穂、井口尚哉、寺本翔悟、松岡千尋、御前伸幸、隅本秋生、竹中凌大、坂梨由芽、山田武生、石上龍成、福井理沙、白井雅士、佐々木俊宜、石川澪美、上平田結花、大河内レオン、吉田光、関谷健利、齊藤謙也、松本直也

 

 

 

ストーリー

宇宙戦隊キュウレンジャーは、ジャーマター独立部隊ゲース・インダベーに襲われた。

ゲース・インダベーはショウ・ロンポーへの復讐と「冥王ハデスの番犬」「宇宙の破壊神」と呼ばれたキュウボイジャーケルベロスを手に入れること。更に彗星兵器ゲース・スターを使ってチキュウを滅ぼそうとしていた。

キュウレンジャーはチキュウの存亡をかけてケルベロスの争奪戦に挑む。

 

筆者の感想

筆者は、テレビ本編を初めの数回で脱落してしまい、観ていない中で こちらを観まして『キュウレンジャー』をよくわかっていませんでした。
なので、根本的に引き気味で観ていました。

カッコいいシーン、笑えるシーン、スゴイシーン、せつないシーン…は分かりました。感じましたが、全体としては軽かった…という印象でした。

時間が34分程度なので仕方ないってのもわかるんだけど…。
ゲストさんも…。

予算とか、付き合いとか、色々あるとは思うんだけども…。
簡単にまとめると、いいモノが見たいなっ…と。

 

ガルがバイクに変身!!

ガルがバイクに変身しちゃう。
なんとまぁ…。

でも、面白い。笑っちゃう。

オオカミブルーの変わったスーツをバイクに施した感じ。同じような生地が貼り付けてあります。

でも、ちょっと複雑ですね…。

 

 

 

プロレス・ラブ

f:id:moon-tiara-action:20200413174132j:plain

『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』

出典:宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲 より

 

プロレス・ラブのポーズをするオーモ・インダベー。
ノリノリ。

対するは、キュウレンジャーのオウシブラック。 

 

オウシブラック、カッコイイ!!
その佇まいが素敵!!

キャラも好き。声もバッチリ。

スーツアクターの岡元次郎 氏、素敵!! 好き~

立っているだけでカッコイイ!!
動いてもバッチリ。

 

レフェリーは、シシレッド役の高田将司さん。

いやぁ…ヒーロー役のしかも主演だというのに、そんな…。

いいんだろうか…。役なんだけども…。

面白いんですが。笑えるんですが。

複雑な気分です…。

 

 

チキュウキュータマ

たまげました。

最後はチキュウがキュータマに。

キレイだし。凄いし。

当然CGなんだけど、なんだか神秘的に感じました!!

 

 

最後のセリフ

ショウ司令と元親友のホイ・コウロが対決し、ショウ司令が勝つ。

 

ショウ司令:

さらばだ。ホイピョン…

 

ゲース・インダベー:

まだ私をその名で呼ぶとは…。

甘い、男だ……

 

いいセリフ。いい場面。せつない。

 

いいんだけど、

感動的なんだけど、

…どこかで聞いたことある感じ…。

 

「さよなら銀河鉄道999」の最後の方で、似たセリフがありましたよ。
これ自体が、何かから取ったのかなぁ??

 

人の感動する要素や場面はある程度、決まってくるだろうから、似た部分があって当然だと思っています。