ヒーローズ FOREVER

特撮ヒーロー番組について独自の想いを語る。

オールラウンダー春田純一氏『仮面ライダー剣』第33話

カテゴリーキング、レンゲルから狙われるている始さんは、カードを奪われカリスに変身出来ず、ジョーカーに戻りそうで苦しむ。守ろう助けようとする剣崎君に迫る危険な運命。それを守ろうとする橘さん。亡くなったと思われていた広瀬氏と新アンデッドの出現。

 

 ↓ オープニング映像。冒頭、ライダーたちの一部が順にアップで映される。これはギャレンの角 (でいいのかな?) の部分。加工されていて皆キレイで素敵なんです 

f:id:moon-tiara-action:20180702231737j:plain

『仮面ライダー剣』第33話
「狙われた剣崎」

ジョーカーが勝ち残れば人類が滅びてしまう。始さんを封印すると言うギャレン。
そんなことはしない。ならない。他に方法があると言うブレイド。ジャックフォームになり戦う。 

f:id:moon-tiara-action:20180620164613j:plain

(この細い場所で、初め、左にギャレン右にブレイド。それが入れ替わり、またギャレンが転がり潜って入れ替わる。二人のジャックフォームの背中の翼が広がりキレイでした。が、ここでのアクション大変でしょうね……ほんの少しの間のシーンですが、お蔭様で楽しませて頂いています)

 

<スポンサーリンク>

 

 

ギャレンのジャックフォームでの技はブレイドに効かなかった。次にはブレイドが攻撃。ギャレンは変身が解け、大ダメージを受けていた。

  

始さんの様子がおかしい……声をかけ続ける剣崎君。

f:id:moon-tiara-action:20180620164641j:plain

 

橘さんは、ヨレヨレとなってバイクに戻って来た時、広瀬(栞の父)さんから電話。 

f:id:moon-tiara-action:20180620164711j:plain

 

栞(広瀬)「ハートの2のカードには、人間が封印されているの?」(セリフ類は要約)
剣崎「1万年前のバトルファイトの勝利者で人間の始祖、ヒューマンアンデッドだって始が言ってた。始は人間を一人も傷つけていない。それだけは確かだ。ジョーカーである事を忌まわしく感じている。アイツはジョーカーに戻りたくないんだ。だから滅ぼすこともない」
f:id:moon-tiara-action:20180620164735j:plain

 (秘密じゃなかったの? 大事な問題だけど、勝手に話していいの?)

 

<スポンサーリンク>

 

 

始さんは寝込んでいた。二度とあの姿にはならない。現れるな! 暴れないでくれっ!! と……葛藤し苦しんでいた。
看病する天音ちゃん。しかし、時に始さんは「触るなっ!!」と声を荒げたりする。ふと我に返り、天音ちゃんを見て安心し眠りにつく……

天音ちゃんは驚き怯えつつも、自分が看病すると言う。 

f:id:moon-tiara-action:20180620164809j:plain

 

 

広瀬「ジョーカーは危険な存在だ。だか、相川始は急がなくてもいいかもしれない。凶暴性を表していない。それより危険なのは剣崎君だ」

扉が開く。そこには、あの封印出来ず溶けて消えたアンデッドがいた。
広瀬「アンデッドの細胞と人間のデータから私が作った。研究が進めばいつか人類は永遠の命を手にするようになるだろう」

橘「剣崎を襲わせたのはあなたの命令ですか?」
広瀬「彼を保護する為だよ。変身を続ければ……人類は……力づくでもライダーシステムから切り離すのだ」 

f:id:moon-tiara-action:20180620164835j:plain

(春田純一氏は、2つ戦隊に出演された方だとは知っていましたが、それ以前は何とっ!?アカレンジャーの代役もさていたんですね!! 吃驚仰天です。当時のお名前は春田三三夫さんだそうです。記憶にあります! 凄いっ!! スーツアクターさんから、ヒーロー役、アクションをしない俳優さんになられたのですね。今回の演技も巧い方だなぁーと感心していたら……)

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

剣崎「アンデッドも病気になんのか? 医者に見せらんないしな。薬かって来たよ。腹痛(正露丸らしきもの)と頭痛薬、風邪薬どれか効くかもしれないし」
始「俺は病気じゃない」
剣崎「じゃどうすればいいんだ?」
始「放っといてくれ」
剣崎君が額のタオルを替えようとすると
始「俺に触るなっ!!」

ムッとしたかのような剣崎君……黙ってカードを置いて行く。

f:id:moon-tiara-action:20180620223404j:plain

 

しばらく眠っていた始さん。うなされる目覚め、カードに気づく……

 

<スポンサーリンク>

 

 

剣崎君はキングと出くわす。
キング「アイツはこのカードで本性を封じ込めていたけど、今はジョーカーに戻りそうなのを必死でこらえているんだよ。バカなヤツだよね。戻ればラクなのに」

ブレイドに変身。
キング「ジョーカーを助ける為に俺を倒そうなんて、正義の味方としては不純だねぇ~ジョーカーを助けたって人類が迷惑する」

ブレイドの戦いは冴えない……
キング「君も自分が間違っていると思っているから弱いんだ」
ジャックフォームになって攻撃を仕掛けるも一瞬怯み、吹っ飛ばされてしまう。

f:id:moon-tiara-action:20180620164931j:plain

剣崎君は倒れていた。目覚めるも、キングの言葉が気になっている。「力が出ない。あいつの言う通り、間違っているからなのか?……でも、アイツのカードを取り戻すっ」

 

虎太郎君と栞さんは変身が解けたのを察知し駆けつけた。 車に乗り込むも、アンデッドサーチャーに反応しない人造アンデッドが、突然車の屋根上に現れた。

f:id:moon-tiara-action:20180620165000j:plain

(フロントガラスから覗いて来たり。徐行している撮っている部分もありましたが、このように走っています。蛇行運転や他の車を巻き込んで乗り上げたり) 

 

最後はグチャグチャで停止したら、剣崎君が転げ出て、一人脇道へ逃げて行く。
(剣崎君を狙っているので、離れようとしたんですね) 
坂を上がると橘さんが立ってた。

橘「トライアルD、お前を追う為に生まれた」