ヒーローズ FOREVER

特撮ヒーロー番組について独自の想いを語る。

人心について考えさせられる『仮面ライダー剣』第11話新たな局面へ

オープニング映像。剣崎一真 役 椿隆之さん。
右下は白井虎太郎 役 竹財輝之助さん。

贅沢にスラリとしたイケメンさんを沢山集めた作品!

14年経っても皆さんそんなに変わってらっしゃらないんですよね。未だに連絡を取る間柄だそうです。嬉しいですよね。
変わらずイケメンだけど、竹財さんが一番変わってるかも……すぐにわからなかったです。

同窓会的な企画が観たいなぁ……

f:id:moon-tiara-action:20180912002833j:plain

『仮面ライダー剣』第11話
「各々の居場所」

 

前話の終わりには、
伊坂が剣崎君に会いに来た。そして橘さんは呼び出された。

ギャレンは到着し、ブレイドと戦う。ピーコックアンデッドの伊坂は人間態に戻る。

f:id:moon-tiara-action:20180514224630j:plain

(ココは、虎太郎君の庭。親代わりの伯父さんからの遺産)

 

始さんは、偶々助けたミュージシャンの仁のボディーガードとして、後ろの木のところから見守っている。

f:id:moon-tiara-action:20180514224705j:plain

(ボディーガードを頼むくらいだから、売れっ子ミュージシャンかと思ったら……

路上の。しかも人気ないし、ヘタ)

f:id:moon-tiara-action:20180514224737j:plain

始さんは想い出していた。

「俺はここで何やってるんだ?……でももう戻れない……」(セリフ類は要約)

(始さんも、そんなに天音ちゃん親子が好きだったんですね! 不思議な関係……突然現れた見ず知らずの男を住まわせて……しかも亡くなったお父さんの部屋に。それだけ、理屈ではない凄い縁なんでしょうね……)

 

<スポンサーリンク>

 

 

始さんはアンデッドを察知し戦っていた。

仁は偶然遭遇し、物陰に隠れて見ている。

(もしかしてここでバレるのかっ!?)

f:id:moon-tiara-action:20180514225232j:plain

あっち向いて、こっち向いた時には、カリスが始さんに戻っていた。

(わかるでしょ!? 普通。疑うでしょ!?

でも、まさか!? そんな事微塵にも頭にないと、わからないものなのでしょう……)

 

ブレイドとギャレンの戦いは、虎太郎君が止めに入った。
(仮面ライダーの間に生身の人間が。虎太郎君には、友達の剣崎君で、その先輩も仲間。怖くなんかない。非力キャラだけど、実はハート大きくて勇気ある人)
そして、我に返りかけた橘さん。

伊坂「所詮人間は……」一撃を食らわせ去った。

 

連れ帰られた橘さんは、もっと強力な溶液に浸かっていた。

f:id:moon-tiara-action:20180514224815j:plain

(少なくて、はみ出てる)

 

アンデッド出現に急行した剣崎君。変身! カッコイイ!

(この頃は到着してから変身。前は急いでいるから走りながら変身してたのにね)

f:id:moon-tiara-action:20180514225002j:plain

(後ろで倒れている人たちは、襲われた人たちです。
その襲われる女性役が、ハリケンブルーやアバレイエロー、マジピンク役の、小野友紀さんだったようです)

 

<スポンサーリンク>

 

 

天音ちゃんはテレビで「路上ライブの光と影」という特集を見ていた。

この人は仁のお父さんで敏腕音楽プロデューサー。「偶々成功した人がいるだけ」そんなようなことを言っている。

この前のシーンでは、仁に会いに来ていた。「お前にはミュージシャンとしての才能がない。私と同じだ。作る側の人間になれ」と。

f:id:moon-tiara-action:20180514225040j:plain

路上ライブのシーンで仁も映り、その後ろに始さんを見つけた天音ちゃんは、探しに出かける。

 

橘さんは、黒いジャンパーとヘルメットに変わった。

f:id:moon-tiara-action:20180514225108j:plain

(それにしても、なぜこんな障害だらけの道で撮影?)

 

<スポンサーリンク>

 

 

仁は、始さんに夢を語る。「誰もやった事のない、海上ライブをする。船上で歌い、客の船で周りが埋め尽くされるんだ!」

始さんは、その古い船に夢中で?絵を描いている。

f:id:moon-tiara-action:20180514225139j:plain

アンデッドの始さんや伊坂は、アンデッドを察知できる。アンデッドの生き残る本能によって戦う。戦いにやって来る。この時近くの海中にアンデッドがいるのに気付かない始さん。

 

広瀬さんは、アンデットサーチャーでアンデッドの出現を察知する。遠いと(都合が悪い場面では)電波が乱れるので察知できなくなるらしい。

 

路上ライブで千数百円を稼いでいた仁。でも結局敏腕プロデューサーの御曹司だから古いとはいえ船が買えるのかな??

ボディーガードを雇うという発想も……

 

<スポンサーリンク>

 

 

※橘さんの彼女、小夜子さんは、橘さんの髪についていた干からびた植物のような物を調べた結果、絶滅した植物とわかった。

剣崎君たちに会い伝える。「橘君は、こんな私を頼ってくれた。だから何としても助けたいの」

(小夜子さんは、立派で、こんな私と言われてもピンと来ない。謙遜する謙虚な素敵な人って意味かしら? だとしたら、男性らしい発想。女性的には、したたかな女と思われるかもね。そういう人多いから。小夜子さんはそんな事をわざわざ言わなくてもいい人だ)

 

※相変わらず、ヘンなセリフシーンが、深刻大真面目な物語の合間に挟まれている。
ホント、寒ーいおやじギャグみたいなもの。やめてほしい!