ヒーローズ FOREVER

特撮ヒーロー番組について独自の想いを語る。

アカリVS眼魔界の科学者イゴール『仮面ライダーゴースト』第18話

卑弥呼とニュートンは水と油の関係。ニュートンアイコンは行方不明となる。アランを信頼するカノンの目前に仮面ライダーネクロムスペクターが現れる。眼魔界の幹部で科学者の論には納得するも行動は許せないアカリ。不知火 改を改良し、果敢に立ち向かう…。

  

『仮面ライダーゴースト』第18話
「逆転!神秘な科学!」

 

天空寺 リビング
アカリは、眼魔に魂を抜かれた事、しかし眼魔の言う論理は否定出来ず、イライラしていた。 

御成 「迷いもまた道しるべ。答えは心の中にあります」(セリフ類は要約)

そこへタケルがやって来る。ニュートンアイコンがまた行くへ不明。

御成 「ニュートンアイコンも心の迷いがあるのです」
アカリ「機械の誤作動よ」

御成とアカリは、ピン!と来た。
御成 「卑弥呼殿ですぞ!」
アカリ「卑弥呼!」

御成 「神秘の女王の謎めいた力に嫉妬したのでは?」

アカリ「嫉妬?!ニュートンはね、超~天才なのっ!」

御成 「科学で証明出来ない謎もありますぞ!」

 

そんないつも如く言い合いをしている二人の傍らで、突然タケルはアイコンの中に吸い込まれた。 
ヒミコ「妾は人の心の中の神秘を信じる」
タケル「ニュートンと仲良く出来ないかな?」
ヒミコ「水と油。諦めよ」

f:id:moon-tiara-action:20180918213254j:plain

一旦 現世に戻ったが、次は眼魔の世界に飛んだ。

 

<スポンサーリンク>

 

 

軍服男はまた人の魂を収集していた。
「やはり恐怖という感情が魂の純度を高めるか…」

アラン 「人間の魂は我々の世界の一部となる。キサマは何をしている?イゴール」

イゴール「あなたの兄上、アデル様の命令で…」
アラン 「気に入らんな。私には何の報告もなかった」
イゴール「必要ありますか?」
アラン 「何っ」
イゴール「私はあなたの部下ではありません」

 

海辺
アラン「兄を待っているのか?」
カノン「ここでよく海を見ていたので」
アラン「そうか…」
カノン「初めてアラン様に会ったときのこと覚えてますか?」

(このセリフおかしいよね。「アラン様、初めて私たちに会ったこと覚えていますか?」)

 

回想 
アラン「そいつらは?」
アランの姉「人間界から来た兄弟たちです」

f:id:moon-tiara-action:20180918213335j:plain

アラン「ふんっ。人間など興味ない」

 

現世の海辺
カノン「あのときのアラン様は少し怖かったです」
アラン「今も怖いのか?」
カノン「いいえ。
アラン様、お兄ちゃんを一緒に探してもらえませんか?」

アランは背を向け
「わかった。だが見つかる保証はないぞ」
カノン「ありがとうございます」

その様子を遠目に郵便屋さんが見かける。

 

<スポンサーリンク>

 

 

タケルの部屋 兼 元父の研究室 
アカリは不知火 改の調整をしていた。
「タケルは消えちゃったし、マコトも帰って来ない。私たちが頑張らないと」

ニュートンアイコンを見つけた御成、袖に仕舞う。
そこへナリタから電話。
また眼魔が人を襲っていると言う。

御成 「何という最悪のタイミング」
アカリ「最高のタイミングよ。リベンジしてやるわっ。不知火 改マークⅡよ!」

f:id:moon-tiara-action:20180918213416j:plain

御成 「アカリ君には心の迷いがあります。そのような時に眼魔と戦うのはあまりにも危険。ここは節操に任せアカリ君はここでタケル殿を…」

アカリ「私は…私は、信じる」

二人は、眼魔出現現場に向かった。

 

天空寺境内
タケルが眼魔界から戻った。 
郵便屋さん「居候の女の子とやけに目つきの鋭いイケメンと一緒にいたよ。デートとかなぁ?」

 

公園
カノンはたこ焼きを買った。
アラン「何だそれは?!アイコンか?
食べた…」(ちょとお笑い気味)

たこ焼き屋のおばちゃん
「たこ焼きも知らないのか?面白い子だねぇ」

アラン「私を子供扱いするのか!?」
おばちゃん「75歳の私にしたら十分子供」
アラン「75歳?ふっ。
軽くその倍は生きている」(自慢げ) 

 

周りを見渡すアラン。人々の様子。
ラブラブなカップル、楽しそうに遊ぶ家族、労わり寄り添う老夫婦。

アランは、一人歩いて行ってしまう。
カノン「アラン様、どうしたんですか?怒ったんですか?」

アラン「わからない。ただ…」

タケル「アランっ!カノンちゃんをどうするつもりだっ!?」

カノン「違います。私が…」
アラン「ちょうどいい。この気分晴らしたかったところだ」

二人は変身。

アランは今回はネクロムはスペクターに浸かっている為、三蔵法師アイコンで無理やり変身。
「キサマは目障りだ」
カノン「どうして二人が戦うの…」
アラン「スペクターを狂わせたキサマは危険だ。排除する」

仮面ライダーゴースト「やっぱり何か知っているのか」

木の陰から仮面ライダーネクロムスペクターが現れた。ゴーストに襲いかかる。

f:id:moon-tiara-action:20180918213450j:plain

カノン 「こんなのお兄ちゃんじゃない」

ゴースト「お前が操っているのか?!お前はマコト兄ちゃんと友達なんだろ!?」

アラン 「ああ。完璧な」
ゴーストに技を放とうとしているスペクターに「お兄ちゃん!やめてお兄ちゃん!」

動きが止まる。
その隙にゴーストはアランに技を放つ。が、スペクターは救い退散した。

 

ユルセンが現れ、タケルはアカリたちの元へ向かった。

 

<スポンサーリンク>

 

 

眼魔出現現場
ナリタや多くの人が倒れていた。
ナイフ眼魔「また君か。しつこいねぇ」
ナイフ眼魔からイゴールとなった。前回は別々に存在していたが。

御成「一体どういう仕組みか?…」

イゴール「そろそろ理解出来たかね?私の言う完璧な世界が」

アカリ 「ええ。はっきり理解したわ。科学は人を幸せにする為にあるの。人の魂を奪って何が完璧な世界よっ。あなたがやっていることはね、科学なんかじゃない!」

イゴール「残念だが、不正解だ」眼魔スペリオルに変身し、更に腕に眼魔アイコンをセットし、ナイフ眼魔に変身した。「君の魂も頂いておこう」

アカリは不知火 改マークⅡを発射。しかし弾かれる。

イゴール「その武器は解析済みだ」攻撃。
御成が飛び出し、背中を切られる。
「さっきのセリフ、なかなか痺れましたぞ」

f:id:moon-tiara-action:20180918213555j:plain

(その後のシーンも目が開いたままだった)

御成の袖の中にいたニュートンアイコンが出て行く。

イゴール「ふん。この魂純度が低い。まるで価値がない。ゴミだ」

アカリ 「ゴミはお前だ」(小声)
イゴール「今何か?」
アカリ 「ゴミはアンタの方だって言ったのよ!!確かに御成はね要領が悪くて不器用でうるさくて。でもいつも一生懸命でとってもいいやつなのよ!その魂がゴミなわけないでしょー!!」不知火 改を構える。

イゴール「意味不明だ。それにその武器はもう使えない」

命中し吹っ飛ばされイゴールは階段を転がり落ちた。

タケルは見ていた。
「やったね!よく頑張ったね。アカリ」
イゴール「何故だ?何故パワーが上がっている?!」

タケル 「それが人間の可能性。魂の力だ!」

変身!

イゴール「実験の邪魔をするやつは誰であっもても許さない」
ゴースト「それはこっちのセリフだ」

イゴール「君わかっていないようだね」

紫の霧が噴射される。

ヒミコアイコンで変身。華麗に踊ったけれど、霧に遮られ攻撃するが……
イゴール「その攻撃も分析しだ」

アカリ 「その独特な霧の磁場はヒミコとニュートンの力を合わせれば消せるはず」

ユルセン「無理な相談だな~あの二人が力を合わせるわけがない」

ニュートンアイコンはずっと見ていた。
「君達を見ていて教えられました。科学者として本当のあるべき姿を。力を合わせよう」

ヒミコアイコン「わかりました」
ゴースト「互いを認め、分かり合うことも出来る。そして新しい力らを生むことが出来る。それが人間だ!」

眼魔は消滅、眼魔アイコン砕ける。
御成やナリタ、人々魂が戻る。
イゴールは人間態となり「今回は計算外でしたまあ次を楽しみにしてなさい」ゲートを出現させ眼魔界へ逃げ帰った。

 

<スポンサーリンク>

 

 

海辺
アランの回想
アランは眼魔複数のコマンドに囲まれ戦っていた。 
「つまらん。君達では訓練にもならん」
マコト「なら俺が相手をしよう」
アラン「お前は確か、あの時と同じ目」

激しい攻防。

f:id:moon-tiara-action:20180918213644j:plain

アラン「お前の名は?」
「深海マコト」

 

街を眺めながら
タケル「アイツともいつか分かり合えるのかな…」