ヒーローズ FOREVER

特撮ヒーロー番組について独自の想いを語る。

画材眼魔は愛嬌 磯村勇斗さん粋『仮面ライダーゴースト』第20話

画材眼魔とタケル、アランとマコト友達話が続いている。『仮面ライダーゴースト』のテーマはなかなか良いが…。眼魔界の様子も少しずつ表れてきている。人物、関係…。ロケ場所もおもしろい。イゴールの新たな計画も少しずつ始動……

  

『仮面ライダーゴースト』第20話
「炸裂!炎の友情!」

 

眼魔界
白い軍服のお偉い感じの人がアデルに
「彼の方が話があると言っている。皆を集めてくれ」(セリフ類は要約)

(このロケ地は首都圏外郭放水路と思われる。なかなか面白いですね) 

 

タケルの部屋 元 父の研究室 
タケル「アランのやつ、あんなマコト兄ちゃんでいいのかな…」

御成「相手は眼魔ですぞ」
アカリ「そうよ。人間とは考え方が違うだろうし」

(タケル役の西銘駿さん、目の横に大きなニキビがありました。この場面は化粧が濃い目でした)

 

画材眼魔の描く絵は、丸い物だった。でもビルだけは違った。
アカリと御成は調査に行く。 
タケルは出かけてしまったカノンちゃん、アランの所だと思われる。探しに行く。

 

<スポンサーリンク>

 

 

画材眼魔が最初に描いたビル
(ディープコネクト)
一見、元に戻っているが、
前話では、イゴールが社長にアイコンを投げつけ、すでに乗っ取られている状態。 

会議室
社長「我が社はイゴール様の元で新たな計画に取り掛かる」
社員がざわつく中、イゴールがアイコンを投げ、乗っ取る。

 

海辺
アラン「君と私は完璧な友。(ネクロムスペクター頷く) もういい。控えてろ」ネクロムスペクターはサッと去る。

「アランさま」カノン
アラン「またお前か」

 

ディープコネクト

f:id:moon-tiara-action:20181004094923j:plain

御成「何も不審なところはなかったですな。アカリ君の推理は大外れ」

 


画材眼魔はガスタンクの絵を描いていた。
タケル「絵を描くのは楽しいかい?」

画材眼魔「友達って、何?」
タケル「相手のことを大切に思う存在だよ」
画材眼魔「人間のことは信用出来ない。吾輩はそう教わったんだな」
行ってしまう。

そこへ
イゴール「彼らの注意を引きつけておくのは十分、さあ、次のスステップヘ進むぞ」

画材眼魔「 嫌なんだな。我輩は絵が描きたい。だから行きたくない」

イゴール「人間の不純物が混ざるとこうも不完全なものになるとは。教育が出来ないなら一度消すとしよう」

タケル「お前は友達の素晴らしさがわかってない」

イゴール「非、論理的」
タケル「論理とかどうでもいい!気持ちが大事なんだ!変身!」

(力強い変身になってきました)

 

アランとカノンが通りかかる。
が、カノンには見えない。

 

戦いの最中、近くビビって座り込んでいる画材眼魔に

イゴール「消えなさい」
タケルが庇って攻撃を受ける。
イゴール「理解で不能」

 

少し離れた場所
アラン「天空時タケルはどういうやつなんだ?」

カノン「タケル君は子供の頃から真っ直ぐなんです。お兄ちゃんの親友で…。アラン様と同じです。タケル君ならアラン様とも友達になれるんじゃないかな…」

アラン「あいつと私が?ふっ」プイッ。
カノン「何か気に障ったらごめんなさい」

 

イゴール「まあ、いい。私が本領を発揮するのはここではないので、失礼」

 

<スポンサーリンク>

 

 

別の橋 
画材眼魔「さっきは我輩を助けてくれてありがとうなんだな。
この世界は素晴らしい!!美しいものがたくさんあるんだな!」
タケル「お前が好き勝手に描くと皆が迷惑するんだ。何か方法を考えるから描くのを少し我慢してくれないかな」

画材眼魔「やっぱり、絵を描くのをやめさせるつもりなんだな!」

郵便屋さん、通りかかる。

タケル「そうじゃない!違うんだよ」

郵便屋さんは画材眼魔見えない。
「大丈夫??
もしかして…そこに何か居たりして…?」

タケル「何にも居ないよ」

画材眼魔「我輩が居るのに。
やっぱり嘘つきなんだな!」
タケル「今のには理由があるの!」

郵便屋さん「…だろうね…」

 

<スポンサーリンク>

 

 

カノン「私はアラン様を信じていますから」

アラン「急に何だ」
カノン「私たちが向こうでやっていけたのはアラン様のお蔭です」

アラン「私は何もしていない」
カノン「お兄ちゃんの友達になってくれました。アリアさまにも本当にお世話になったて……感謝しています」

アラン「そうか…。心配しなくていい。彼は私の友だ。私を信じているんたろ?」

その時、 

仮面ライダーゴースト、バイクで登場!

アラン「カノン。お前が居場所を知らせたのか?!」

カノン「違います!」
アラン「嘘をつくな!お前以外に誰がいる!?所詮お前も人間だ」

ゴースト「マコト兄ちゃんを返してもらうぞ」

アラン「不可能だ。我々は完璧な関係だ」

手で合図するとネクロムスペクター、サッと登場。 

カノン「やめて!お兄ちゃん!」
躊躇し止まる。
タケル「やっぱり心はまだある。マコト兄ちゃんを苦しめて、お前はそれでも友達か?!」

アラン「心があるから苦しむ。無い方が幸せというものだ」

ゴースト「心があるから人間だ!心があるから通じ合う!だから素晴らしいんだ!」

アラン「心なんて完璧な世界には邪魔でしかない」

ゴースト技を食らい変身解ける。
「マコト兄ちゃんを信じている!」
アラン「ならば信じて消えろ。スペクター」手で合図。

f:id:moon-tiara-action:20181004095033j:plain

ネクロムスペクター必殺技を放つ。
画材眼魔が割って入り、食らう。倒れる。
タケル「何でこんなことしたんだよ…」
画材眼魔「だぁってぇ…友達だから…」
目の電気消える。ぐったり。

タケル「やっと心が繋がったんじゃないか…友達になれたのに…」

アラン「スペクター、そいつも消してやれ」

(消すって死ぬこと?タケルは今は仮のゴーストだから死なないんじゃないのかな?)

 

タケル、技を避けながらネクロムスペクターに向かって走って行く。 

羽交い絞めにする。カノンも食らいつき押さえる。
(変身していない人二人で押さえられるもんなんだなぁ…)

タケル「マコト兄ちゃんは強い!こんなことに負けない!」

ネクロムスペクターのどこからかアイコンが抜け出てタケルを取り込む。

f:id:moon-tiara-action:20181004095109j:plain

ノブナガゴースト「ワシらの力貸そう」
(時が時なので、超簡単。取り急ぎ) 

直ぐ元に戻って、
ノブナガゴーストパーカーとツタンカーメンゴーストパーカーが出てきて、ベルトからネクロムのアイコンを放り出した!

f:id:moon-tiara-action:20181004095151j:plain

ネクロムアイコンはアランの手元に飛んで行った。

アラン「フン。これがアイコンの力か…」

 

タケルとマコト、
アランも変身!

 

f:id:moon-tiara-action:20181004095212j:plain

2対1だが、ネクロムは強い。苦戦する二人。

スペクター「左右から同時に攻撃だ」
二手に分かれる際、ゴーストがサッとアイコンを渡す。

スペクターはニュートンアイコンを使う。
(似合わないなぁ…)

f:id:moon-tiara-action:20181004095256j:plain

ネクロムはやられたのかと思いきや、
怯むも、何かをしようとする。 

が、

アイコンが飛んで来て、文字が出る。
するとネクロムは変身を解き、
「幸運に感謝しろ」と消え去った。

(アイコンが飛んで来たのが分からなかった。突然何かが光ったようにしか見えなかった)

 

画材眼魔、目覚める。
「気絶してただけなんだな」

 

マコト「タケル、俺の身体は眼魔の世界にある。アランがその気になれば、俺の身体は消えて無くなる」

 

<スポンサーリンク>

 

 

眼魔界 冒頭の場所 
アデル、アリアと偉い人も揃っている。
アランは急いで席に着く。不安げ。
偉い人「イージス長官。我が友よ」

おっちゃん仙人とそっくり だった。
(全然似合っていない…違和感…)

 

 

筆者の感想
正直、このところ、友達だとか、信じるとかが、くどくて、説教染みた…押しつけがましくて、鬱陶しい。

ご都合主義な展開も…。『ゴースト』は根本的に好きな話だし、キャストさんも皆さんいい。画材眼魔も面白い。それで救われているけども、ここ最近の話やセリフ等は、はっきり言ってツマラナイ。勿体ない。残念。