ヒーローズ FOREVER

特撮ヒーロー番組について独自の想いを語る。

「正義のアウトロー」怪盗現る『仮面ライダーゴースト』第3話

リトル・ジョンを名乗る怪盗現れた。見えない力を信じ「正義のアウトロー」を行う。それは眼魔が操っていたのだった。タケルの正義を信じ正々堂々と貫く心で眼魔から守る。アカリはおっちゃん仙人の助けを得てタケルの父のゴーストが見える研究を仕上げた。


『仮面ライダーゴースト』第3話
「必中!正義の弓矢!」


おっちゃん仙人は、次の眼魂のヒントをくれる。イギリスのロビン・フットだった。

街では奇怪な事件が起こっていた。怪盗リトル・ジョンが現れていた。が、狙われるのは政治家の裏金などであった。テレビでリポートをしていたジャーナリストの白瀬マリさんは「現代のロビン・フット」と言い表した。

タケルは姿を消してテレビ局に忍び込み会いに行った。

f:id:moon-tiara-action:20180709152459j:plain

タケル「どうしてロビン・フットなの?」(セリフ類は要約)
白瀬 「世の中には理不尽な権力に迫害されている人が沢山いるの。父は私の目の前で……」

タケル「俺もそうなんだ」
白木 「だったらわかるでしょ」

タケル「やるなら正々堂々とやるべきだよ」
白木 「子供ね。私もそう思ってジャーナリストになった。けど無力だったわ。あなたに何が出来るの?」

 

<スポンサーリンク>

 

 

大天空寺に不可式研究所としての依頼がきた。
蔵谷「本当に大丈夫ですか?」
御成「答えはあなたの心にある」
蔵谷「警察は当てになりません。お願いします。先生!」
大張り切りの御成。

しかし、早速現れた怪盗の不思議な力で飛ばされる。そこへタケルがやって来る。眼魔の仕業だった。タケルは変身する。
(まだ3話だけれども、とても力強いカッコイイ変身となっていた)
ムサシの力を使ったが逃げられてしまう。

その頃、御成は「名誉挽回しなければ」とリトル・ジョンの後を追って行った。

 

<スポンサーリンク>

 

 

アカリは、タケルの身体のことや眼魂について研究室で調べていた。するとパソコンが起動し、‘不知火でゴーストを視覚化’ する研究資料が見つかる。しかし、何かが足りない……と困っていた。
おっちゃん仙人も悩む。「助けてやりたいけど、どうしよっかなぁ……かわいい子だからなぁ……」ポイッと何かの液体を置く。

f:id:moon-tiara-action:20180709152523j:plain

アカリは、疑問に思いつつもコレだ!! と加えてみると、金粉のようなものが降り、おっちゃんが見えるようになった。

アカリ  「きゃぁ! だ誰?! もしかしておっちゃん?!」
おっちゃん「やっぱりおっちゃんって呼ぶんだね……それ、切れると消えちゃうから気を付けてね」と壁の中に消え去る。

 

<スポンサーリンク>

 

 

タケルが帰って来る。アカリは見えるようになったと話していたら、
御成から電話。「リトル・ジョンの隠れ家を見つけましたぞ」
しかし、場所を伝える前に見つかり捕えられてしまう。

f:id:moon-tiara-action:20180709152551j:plain

おっちゃんが置いて行ったその電話は、コンドルに変形し、通信場所を突き止めることが出来る。タケルは、アカリを乗せ、バイクで向かった。

 

<スポンサーリンク>

 

 

リトルジョーンの正体は、白瀬さんだった。
白瀬 「私も最初は私の正義を通したわ。でもダメだった」
タケル「その気持ちを信じてもう一度やり直すことは出来ないのかな?」

f:id:moon-tiara-action:20180709152707j:plain

眼魔  「お前は間違っていない」とささやく。
白木  「もう後戻りは出来ない。私にとっては見えない力が正義の力なの」光が現れた。

ユルセン「眼魔に憑りつかれるとどんどんおかしくなって、命と引き換えにゴーストを呼び出すんだ」
タケル 「命と!?」

ユルセン「眼魔のやり方だ。さあ! 現れるぞ。奪われるなよ」
タケル 「そんなの絶対ダメだ!! 人の命と引き換えの眼魂なんて、俺はいらない!」

白瀬  「どんな力でもいい。私は現代のロビン・フットになる」
タケル 「止める! 俺は信じる!
(抱きしめる)命を感じる。生きて欲しい!」

涙がこぼれ、光が消える。

 

アカリは ‘不知火’ を発射。すると皆も眼魔が見えるようになった!

アカリ 「何か見えた! 信じたくないー!」頭をクシャ―

タケル 「わかっだろ。見えない力は正義じゃない。ジャーナリストとしての正義の矢を放つんだ!」
白木さんに正義の心が戻った。その時、光が現れた。

ユルセン「ふーん…これがお前のやり方ねぇ……」

タケル変身。それも皆にも見える。

アカリ 「信じられない!! 私の想像を遥かに超えている」頭をクシャクシャクシャ 

御成  「変身とは何と羨ましいー!!」

f:id:moon-tiara-action:20180709152732j:plain

(ロビン・フットの眼魂)

f:id:moon-tiara-action:20180709152804j:plain

エジソンの力、ロビン・フットの力を使った。コンドルが弓矢形の武器にもなった。
しかし、バリアを張られ攻撃が通じない。

タケル 「ユルセン、教えてくれ!」
ユルセン「知らなーい。何でも知ってると思ったら大間違い」と消えてしまう。

木の陰からじっと見つめていた御成は、眼魔が斧を投げる攻撃の瞬間バリアに隙間が生じる、と教える。そして無事倒す事が出来た。

 

御成は頭を下げ「この度はご迷惑をおかけし……」
タケル「ナイスアドバイス!」