ヒーローズ FOREVER

特撮ヒーロー番組について独自の想いを語る。

紫主演 宇宙戦隊ジュウレンジャー『宇宙戦隊キュウレンジャー』第2章

キュウレンジャーのメンバーが集結していく。
『キュウレンジャー』なのに9人ではない!! という まさかの展開。確かに、追加戦士が加わるのが恒例ではあるが…。
人間、獣人、アンドロイド、おじちゃんから子供まで…。強烈な個性で予想外な戦闘をも繰り出す。

  

f:id:moon-tiara-action:20200411192113j:plain

『宇宙戦隊キュウレンジャー』space.9 「宇宙戦隊ジュウレンジャー」

出典:宇宙戦隊キュウレンジャー space.9より
 

筆者は9人の救世主でキュウレンジャーだと思っていた。

ショウ・ロンポー指令官がモドキの変身をする!!

そうなのかぁ…モドキで参戦かぁ…と思いきや、10人目の戦士となる。
あれれ!?

タイトルが「キュウ(9)レンジャー」なのに9人じゃないの!?
と、たまげた。

 

そこへショウ指令はタイトル変更を提案。自身が主演で、
「宇宙戦隊ジュウレンジャー」
ですってよ。

次から次へとやってくれますねぇ。

前作の『動物戦隊ジュウオウジャー』と紛らわしいどころか
元JACの望月祐多さん主演『恐竜戦隊ジュウレンジャー』と同じ!!

 

 

『宇宙戦隊キュウレンジャー』

第2章「チキュウ解放編」

space.6~12

2017年 3月19日~ 4月30日

 

[目次]

 

主な制作陣 

脚本

毛利亘宏

 

 

監督

加藤弘之、竹本昇、柴崎貴行

 

 

新たな 声の出演者

イカーゲン

塩屋翼

 

マーダッコ

喜多村英梨

 

ラジオ音声

木村昴 

 

 

主なゲスト

ベガさん(声)

てらそままさき

 

宝生永夢/仮面ライダーエグゼイド(声)

飯島寛騎

 

ビッグベア(声)

梁田清之

 

幼いラッキー

田中レイ

 

スーツアクター 追加配役 

ショウ・ロンポー/リュウコマンダー/リュウバイオレッド、キュウレンオー

日下秀昭 

 

コグマスカイブルー

神尾直子

 

リュウテイオー、ビッグベア総司令

藤田洋平

 

イカーゲン、ドンアルマゲ

清家利一

 

マーダッコ

野川瑞穂

 

スコルピオ(怪人態)、ツヨインダべー、インダベー

蔦宗正人

 

仮面ライダーエグゼイド
(アクションゲーマー レベル1)

藤田慧

 

仮面ライダーエグゼイド
(アクションゲーマー レベル2)

高岩成二

 

 

ストーリー

space.6
「はばたけ!ダンシングスター!」

ハミィはリーダーに立候補するが、他のメンバーも譲らない。次の戦いで活躍した人をリーダーにすることになった。
その戦闘では、皆が主張しあって 息が合わず敗退する。

連携を強める為にダンス練習をすることになるが、ペガサスキュータマの「ぺがさん」に憑りつかれたラッキーは皆の邪魔をしてしまい、メンバーは途中で投げ出してしまう。

ハミィは運だけで生きているようなラッキーが認められなかった。
しかし、一人残って練習し続けるラッキーの姿に感銘を受け練習に加わる。他のメンバーも。

次の戦いでは一糸乱れぬ戦闘で撃退に成功する。

 

エンディングダンス風アクションがオモシロイ!! 笑えます。
スカッとキレのいい動きが素敵です!!

 

space.7
「誕生日をとりもどせ!」

バランスはカレンダーに花丸をつけていた。お誕生日だった。
機械生命体、300才。 

今回 出現する怪人は、誕生日を奪ってしまうという…。
バランスが囮になることになった。そして案の定 奪われてしまう。

皆の前では平気そうなバランスだが、部屋に戻ると、机の下で丸まって しょげていた。

 

怪人を倒し、人々とバランスの誕生日を取り戻す為、作戦を決行するキュウレンジャー。

予定外に、ショッカーのスペースイカデビルまでもが出現。
そのピンチに、特別なキュータマが送られてきた。

エグゼイドキュータマ!!
それを使うと、土管のような仮面ライダーエグゼイド レベル1が出現。
シシレッドが、おっと手が滑ってエグゼイドのベルトのレバーを引っかけてしまった!!
すると、カッコイイ仮面ライダーエグゼイド レベル2に変身した。

ラッキーと力合わせてスペースイカデビルを倒し、変身を解いた宝生永夢先生は爽やかに消える。

誕生日奪還作戦は無事成功した。
帰還するとお誕生日パーティ。
バランスへのプレゼントは、ラッピングされたナーガの笑顔だった。

 

バランス、ロボットではなく機械生命体…。
筆者は理解できていませんが、バランスは好きなキャラクター。

誕生日が楽しみとか、取られてしまったショックで机の下で丸まるとか…面白くも可哀そうになりました。それだけ命通ったキャラクターということですね。 

 

 

space.8
「司令塔ショウ・ロンポーの秘密」

司令官のショウ・ロンポーは一気に5つのもらいマーズを叩く作戦を立てる。

スパーダは、人々がメシウバインダベーに食べ物を奪われているのを目撃し、命令に背くいて炊き出しを始める。

ガルとラプターの所にはイカーゲンとマーダッコが出現。
スパーダたちに「救出して逃げる」という指令が出る。

が、そこでも命令に背き、戦いに挑む。しかし攻撃は通用せずピンチに陥る。
そこへ現れたショウ司令は変身する。

f:id:moon-tiara-action:20200411203525j:plain

『宇宙戦隊キュウレンジャー』space.8 ショウ指令がリュウバイオレットに変身!!

 出典:宇宙戦隊キュウレンジャー space.8 より

 

驚いた!! まさか変身するとは…。

ショウ・ロンポーのスーツアクター日下秀昭は大ベテランで、ここ十数年はロボのみの担当でした。

今作では常時物語に関わるショウ・ロンポー役。それだけで嬉しく思っていました。

まさか!? 変身までするとは!?
嬉しかったです。

 

space.9「燃えよドラゴンマスター」

キュウレンジャーたちと似た姿だか、なんだかちょっと違うリュウバイオレット。
プロトタイプであり、時間制限があった。

スパーダは捕まってしまう。
そして全員で来いと告げられる。

しかし翌朝、ショウは一人で向かおうとしていた。そこへラッキーが現れる。
ショウはいつもの軽いノリでジャンケンで決めようと言う。
パーで勝ったのはラッキー。ショウはグー。そのままラッキーのお腹へ突き刺して行ってしまう。

その後はメンバーが駆けつけ、皆で戦おう と呼びかけるラッキーの言葉にショウは決意する。するとキュータマが出現し、本物のキュウレンジャー、リュウコマンダーとなる。

 

司令なのにのん気でおチャラけていて…とあり得ない設定。
おじちゃんが変身。正式メンバーとなる。ビックリな企画。

日下秀昭の活躍の場が見られてとにかく嬉しいです。

 

 

space.10
「小さな巨人、ビッグスター!」

チキュウ人の少年、小太郎。スティンガーが何故かオリオン号に連れてきていた。

しかし地球へ帰すことになった。ラッキーが送って行く。キュウレンジャーになりたい小太郎はセイザブラスターやキュータマを持ち出していた。オオグマキュータマからビッグベア総司令が現れ小太郎に乗り移る。

そこへダイカーンのモズマが出現。ラッキー一人で苦戦していた。小太郎の地球を守りたい強い思いを受け、ビッグベア総司令は力を貸す。

小太郎はコグマスカイブルーとなる。

 

筆者的には、初めは子供もメンバー…。子供も変身…というのが、あまりいい気がしなかったのですが、小太郎の田口翔太さんがうまいので馴染んでいきました。

 

 

space.12
「11人の究極のオールスター」

ラッキーは、何故かゴミ箱に突っ込んでしまったり、イスの脚が突然 根元から折れてしまったり…とアンラッキーなことが続いていた。

その上イカーゲンに敗れトモキュータマを奪われてしまう。イカーゲンは予知能力があると言う。

しかしそうではなく、10個の発達した目があるとスティンガーたちは突き止めた。
全員での出撃命令が出されたが、すっかり落ち込んでしまったラッキーはそれを拒む。

そこへガルが檄を飛ばす。反発するアンラッキーなラッキーの拳はガルに見切られ、逆にくらう。
第1話の名シーンと逆となった。
ガルはあの時の想いを語る。

 

その様子が、キュウレンルームの皆に防犯カメラ??の音声付きで中継されていた。

皆が共有しているのが分かるシーンなんだろけど、プライバシー漏れ漏れでヤな感じ。
オモシロくて筆者お気に入りの『キューレンジャー』ですが、ここは気に入らないシーンです。たぶん唯一、最も。

ここはナシで、後のピンチな場面で、ガルが皆に「ラッキーは大丈夫だ」みたいに言うシーンがあったら よかったのではないでしょうか。

 

イカーゲンの目は10ではなく100だった。

その戦闘シーンでは、キュウレンジャーたちが爆撃で一斉に、倒れたり上から落ちるシーンがありました。

キュウレンジャーがやられてしまうのですが、アクションの演出、画として、面白かったです。

上から落ちる人たちは、サビた細い鉄の板…柵…柱??ようなものが積み上げられた、それぞれが色んな場所、高さから。

下には廃材をイメージさせる感じで、テントのようなものを被せたクッションが置かれています。

一番高い所から落ちるのは、オオカミブルーの竹内康博

高さはともかく、積み上げられている鉄材??が ひな壇のようになっているので、前に飛び出して一回転して落ちなければいけない。それがちょっと難しいだろうな と思いました。やはり難しいのは竹内の担当ですね。

 

キューレンジャー10人ではダメだった。ピンチのとき、ラッキーは現れる。

ラッキーは自分をフタゴキュータマで倍倍に増幅させ、それを繰り返した。

ラッキーが100人以上!! 
イカーゲンを撃破する。

 

筆者の感想

この第2章も見どころ満載でした。

お話として、画として、記憶に残る名場面の数々。

笑えるオモシロイ場面、意外な発想と展開。

各話どれも盛りだくさんです。

キュウレンジャー11人もいますが、二手に分かれて話を進めたり、うまく出番を配置し、それぞれのキャラもしっかり出せています。

無駄がないです。

素晴らしい。